• ホーム
  • 芸能
  • 梅原裕一郎&相坂優歌、アニメの思い出語る 静岡はキテレツばっかり!?

梅原裕一郎&相坂優歌、アニメの思い出語る 静岡はキテレツばっかり!?

 声優の梅原裕一郎相坂優歌が25日、東京ビッグサイトで行われた「AnimeJapan 2018」内のNetflixブース『ソードガイ The Animation』のイベントに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 23日からNetflixで全世界同時配信されている同作は、武器として生きることを運命づけられた主人公・凱が、武装魔と呼ばれる怪物たちと戦う物語。多くの武器が登場し、梅原は「最近、女性の間で日本刀とか流行っていますよね」と言うと、相坂も「歴史女子ですね。刀を人間に置き換えてみたり」と、『刀剣乱舞』を連想させる発言で会場の女性ファンを笑わせた。

 司会者から、お気に入りのシーンや演じるキャラクターの魅力を聞かれた2人。相坂は「高校では友達と馴れあわないキャラで、『ケーキ食べに行こうよ』と誘われても『ちょっと、いいや』と塩対応なところが目立つなと本編を見て思いました」と笑わせつつ「『こんなに塩対応でいいのですか』みたいな感じで演じていました」と告白。梅原も「(演じるキャラは)とても強いキャラなので、基本的に戦いのシーンはアドリブが少なめでした。絵が補ってくれたので、絵の力ってすごいな」と収録を振り返った。

 イベントでは、「小さいころ好きだったアニメはなんですか?」というファンからの質問に答えるコーナーがあり、相坂は「セーラームーン、(愛天使伝説)ウェディングピーチがすごく好きでした。あと、カードキャプターさくらも」とにっこり。一方、梅原は「小さいころ、アニメに全然触れていなかった」と苦笑い。幼少時は静岡に住んでいたそうで「静岡はキテレツ(大百科)ばかりやっていて、アニメの記憶はキテレツばっかり」と振り返る。

 相坂が「静岡の方いますか?」と観客に呼びかけると、梅原に同意するようにうなずき、共感を得られた梅原は「ですよね」とホッとした様子。これを見た相坂は「静岡あるあるなんですかね」とほほ笑んだ。

 同作をPRする一幕では、梅原が「ふん。12話はすでに視聴できるみたいだな。早く見ねーと、お肌に悪いぜ」とキャラクターボイスで呼びかけ、女性ファンをメロメロにしていた。



関連写真

  • 『ソードガイ The Animation』のイベントに出席した(左から)梅原裕一郎、相坂優歌 (C)ORICON NewS inc.
  • アニメの思い出語る左から)梅原裕一郎、相坂優歌 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ソードガイ The Animation』のイベントに出席した(左から)梅原裕一郎、相坂優歌 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ソードガイ The Animation』のイベントに出席した(左から)梅原裕一郎、相坂優歌 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ソードガイ The Animation』のイベントに出席した(左から)梅原裕一郎、相坂優歌 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ソードガイ The Animation』のイベントに出席した(左から)梅原裕一郎、相坂優歌 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス