• ホーム
  • 映画
  • 『ドラゴンボール超』特報公開 “とっておきの強敵”とは?

『ドラゴンボール超』特報公開 “とっておきの強敵”とは?

 人気アニメ『ドラゴンボール』の劇場版シリーズ20作目『ドラゴンボール超(スーパー)』(仮・12月14日公開)の特報が22日、解禁された。新たな敵を前にウォーミングアップする悟空の「じゃ、はじめっか」の一言から始まり、立ちはだかる敵のビジュアルこそ定かではないが、そのオーラを纏う姿からサイヤ人であることがわかる。原作者である鳥山明氏が「とっておきの強敵」とコメントするこの敵は一体何者なのか。

 同作は、25日に最終話を迎えるフジテレビ系『ドラゴンボール超』を映画化し、アニメ最終話のその後の悟空たちが描かれる。テーマは“宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人”。『ドラゴンボールZ 神と神』以降、超サイヤ人ゴッド、ブルーといった進化を遂げてきた悟空たちサイヤ人。そして、それに負けじとさまざまな宇宙の強戦士が登場してきた中で、改めて宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人の存在、悟空たちの強さの原点を描く。

 監督は『ONE PIECE FILM Z』(興行収入68.7億円)や、『ドラゴンボール超』シリーズのディレクターを務める長峯達也氏。作画監督はキャラクターデザインのリニューアルを目指し、新たにオーディションをして抜てきされた新進気鋭の新谷直大氏。美術監督はこれまで数々のアニメーションの背景を手掛けてきた株式会社草薙の小倉一男氏が務める。

 また、アニメ『ドラゴンボール超』最終話では、エンディングが同作の映像を用いた特別仕様になることも発表された。

■映画『ドラゴンボール超』特報
https://youtu.be/gzsptxTxHio

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス