• ホーム
  • 映画
  • ムロツヨシ、幼少期を回顧「親戚の家で育てられたので…」

ムロツヨシ、幼少期を回顧「親戚の家で育てられたので…」

 俳優のムロツヨシが21日、都内で行われた長編アニメーション映画『ボス・ベイビー』の初日舞台あいさつに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、日本でもヒットした『怪盗グルー』シリーズ、『ペット』『SING/シング』のユニバーサル・スタジオと、『シュレック』などを手がけたドリームワークス・アニメーションが、初タッグを組んだ作品。見た目は赤ん坊だが知能は大人の“ボス・ベイビー”が巻き起こす騒動を描く。

 作風になぞらえて、自身の幼少期を問われたムロは「親戚の家で育てられたので、幸せですよっていう顔をずっとしていました。悲壮感を消す作業をしていましたね」と回顧。それでもすぐに明るい口調で続けると「でも幸せですよ。親戚のおかげで今があるので感謝しています」と白い歯をみせた。

 共演した芳根京子は「私にはお兄ちゃんがいるんですけど、お兄ちゃんのことが大好き過ぎた」とほっこりエピソードを披露し「小さいときにお兄ちゃんが友達の家に遊びに行くときも“ギャン泣き”をして『京子も一緒に行く〜』って言ってました」と照れながら明かしていた。

 舞台あいさつにはそのほか、宮野真守乙葉石田明山寺宏一が出席。初主演声優を務めたムロは、肩に力が入りすぎたのか、終始マシンガントークを展開。見かねた石田から「目は泳いでるし、主役の人のしゃべり方と違う、それは端の人のトークペースですよ!」とツッコまれると、劇場はドッと沸いていた。



関連写真

  • 映画『ボス・ベイビー』初日舞台あいさつに登壇したムロツヨシ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ボス・ベイビー』初日舞台あいさつに登壇した芳根京子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ボス・ベイビー』初日舞台あいさつ(左から)石田明、宮野真守、芳根京子、ムロツヨシ、乙葉、山寺宏一 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ボス・ベイビー』初日舞台あいさつに登壇した乙葉 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ボス・ベイビー』初日舞台あいさつに登壇した石田明 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ボス・ベイビー』初日舞台あいさつに登壇した山寺宏一 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ボス・ベイビー』初日舞台あいさつに登壇した宮野真守 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス