• ホーム
  • 芸能
  • アイドルバトル2位・小此木流花、圧倒的なビジュアル力を存分に発揮

アイドルバトル2位・小此木流花、圧倒的なビジュアル力を存分に発揮

 『週刊ヤングジャンプ』で開催された次世代のアイドルのエースを先取りする「サキドル エース サバイバル」第8弾の結果が、22日発売の同誌第16号で発表され、2位のアキシブproject・小此木流花(おこのぎ・るか)が巻末グラビアに登場した。

【写真】その他の写真を見る


 同誌の恒例人気企画として、数多くのアイドルを発掘してきた「サキドル」。1月から始まった今回の冬のバトルで、小此木は1位の「神使轟く、激情の如く。」の生牡蠣いもこに次ぐ2位となった。

 2位のご褒美の巻末グラビアで、小此木はクリッとした目、すらりと伸びた手足、圧倒的なビジュアル力を存分に発揮。この夏にキングレコードからメジャーデビューが決定し、新メンバーオーディションも行うグループを大いにアピールした。

 また、同号の表紙と巻頭グラビアには「サキドル」1位の生牡蠣が登場。セクシーなビキニ姿を堂々と披露。ビーチで白いビキニをまとった王道グラビアカットや、密着感のあるベッド風カットなどに挑んでいる。

 同号の巻頭カラー漫画は、新連載『隣の悪女』(玉木ヴァネッサ千尋)。



関連写真

  • 『週刊ヤングジャンプ』16号に登場する小此木流花 (C)細居幸次郎/集英社
  • 『週刊ヤングジャンプ』16号に登場する小此木流花 (C)細居幸次郎/集英社
  • 『週刊ヤングジャンプ』16号(集英社)

オリコントピックス