アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ピース又吉、映画化第2弾決定 舞台原作『凜』佐野勇斗&本郷奏多がW主演

ピース又吉、映画化第2弾決定 舞台原作『凜』佐野勇斗&本郷奏多がW主演

 お笑いコンビ・ピース又吉直樹(37)が書き下ろした初の長編舞台作品『凜(りん)』が、俳優・佐野勇斗(19)、本郷奏多(27)のダブル主演で映画化されることが19日、わかった。2007年12月の上演から約10年を経て待望の映像化。又吉にとっては芥川賞受賞作『火花』(昨年11月公開)に続く映画化2作目となり、原作のほか脚本監修で制作にも携わる。

 佐野演じる真面目でどこか達観している現代っ子の高校生・野田耕太と、本郷演じる不思議な転校生・天童。2人の暮らす村には「100年に一度、村から子どもが消える」という伝説があった。高校2年の冬、転校生してきた天童は耕太らと友達になり青春の日々を過ごすが、ある日友達が消えてしまう。小さな村には混乱が走り「伝説」の存在がよぎる中、また一人と友達が消えていき、転校生に疑いの目が向けられる。不思議な転校生と村の秘密、そして犯人は誰なのか?

 佐野は「この作品は、芥川賞作家・又吉直樹さんが原作を務められているということですごく楽しみにしていたのですが、台本を読ませていただいて、とてつもなく面白かったです!」と作品の印象を語る。主演を任され「まだまだ未熟な僕ですが、素晴らしいキャストの皆様からたくさんのことを学ばせていただきながら、作品にいい味付けができるよう精一杯演じたいと思います。耕太が、観ていただいた方にとって一番近くに感じていただける登場人物になれるように頑張ります」と息巻いている。

 本郷も「又吉さんの原作で読んでみたらすごくひき込まれる内容で面白い作品でした。作品に出演することができて非常にうれしいです。天童は、謎が多くひき込まれる役かと思いますので、楽しみにしていてください」と作品の魅力をアピールしている。

 映画は吉本興業がテレビ放送局とタッグを組んで制作する『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』の「TV DIRECTOR’S MOVIE」部門作品となっており、TBSテレビと共同で制作。監督は、『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』(15年)、『せいせいするほど、愛してる』(16年)、『小さな巨人』(17年)などで演出を手掛けてきた池田克彦氏が担当する。公開は2018年度中を予定。



オリコントピックス