• ホーム
  • 音楽
  • X JAPAN、YOSHIKI本格ドラム復帰へ 4月にZepp DCで2days公演

X JAPAN、YOSHIKI本格ドラム復帰へ 4月にZepp DCで2days公演

 X JAPANが4月10・11日の2日間、東京・Zepp DiverCityで『復活10周年記念 X JAPAN LIVE 2018 米国フェス出演直前 PREMIUM GIGS〜YOSHIKI復活の夜〜』を開催することが明らかになった。8日、リーダーのYOSHIKIがニコニコチャンネル「YOSHIKI CHANNEL」の番組内で自ら発表した。

 YOSHIKIは昨年5月、頚椎(けいつい)人工椎間板置換手術を受け、大みそかの『NHK紅白歌合戦』で手術後初のドラム演奏を披露しているが、4月のZepp DiverCity公演はフルステージでの本格ドラム復帰。ライブでのドラム演奏は、昨年3月の英ウェンブリー・アリーナ公演以来1年ぶりとなる。

 YOSHIKIは「今回のライブは、自分としてはある程度の覚悟をして臨むステージ。そんな僕らを応援してくれるとうれしいです」と語り、体調については「不安はある。前みたいには(ヘッドバンギングなど)できないと思うけど、できる範囲のところでどこまでできるか」と決して万全ではないことを明かしている。

 都内でのライブハウス公演は、2008年の大みそかに赤坂BLITZで開催したカウントダウンライブ以来10年ぶり。スペシャルゲストとして、ガンズ・アンド・ローゼズのリチャード・フォータス、リンプ・ビズキットのウェス・ボーランドが出演することが決定した。

 チケットはこのライブのためだけにデザインされた記念グッズ付きで1階スタンディング3万円、2階指定席5万円(いずれも税込)。開演前のサウンドチェックパーティや特別仕様グッズの特典付きのVIPパッケージ(別料金3万円)も用意されている。4月11日公演は、日本全国および香港・台湾・韓国の映画館でライブビューイングが行われることも決定した。



関連写真

  • 4月のZepp DiverCity公演で本格ドラム復帰するYOSHIKI
  • レアなライブハウス公演を行うX JAPAN

オリコントピックス