• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 江口洋介、テレ東ドラマ初主演 4月から“月10”枠新設

江口洋介、テレ東ドラマ初主演 4月から“月10”枠新設

 俳優の江口洋介が、テレビ東京が制作するドラマに初出演&初主演する。同局では4月から月曜よる10時台にドラマ枠「ドラマBiz」を新設。働く人たちをテーマにした連続ドラマを届けていく。その第1弾『ヘッドハンター』に江口が主演。共演には小池栄子杉本哲太が決まっており、26日、同局で行われた発表会にそろって登壇、意気込みを語った。なお現在、月曜よる10時台に放送している『未来世紀ジパング』は水曜よる10時台に移動する。

【写真】その他の写真を見る


 新ドラマに出演する3人は、同局の経済番組を担当している共通点がある。江口は経済ドキュメンタリー番組『ガイアの夜明け』(毎週火曜 後10:00)の案内人を務め、小池は経済人を迎えるトーク番組『カンブリア宮殿』(毎週木曜 後10:00)でサブインタビュアーを、杉本は『ガイアの夜明け』でナレーターを務める。

 江口は「働く大人のためのドラマということで、先程(テレビ東京の)社長からも『新しい試みなので、好きにやってください』と言っていただいて、しばりの多い作品もある中、本当にいいんですか? と思って。いままでにないようなドラマになると思う。非常に楽しみにしております」と話しながら笑みがこぼれた。

 小池は「『カンブリア宮殿』のキャスターから女優にヘッドハンティングされた気分。渋くて素敵な先輩と共演できるなんて、断る理由がない」と出演依頼を快諾したといい、「新しい枠、生まれたてのものに携われることが光栄でうれしく思います。何が成功で失敗なのかわからないですが、小さくまとまることなく思いっきり面白いことを実験的に芝居でやってみたい。注目していただければ」と意気込みを語った。

 同ドラマは、ビジネス人材のスカウトを生業(なりわい)とするヘッドハンター界の異端児、弱小人材紹介会社「SAGASU」の黒澤和樹(江口)が、人のため、企業のため、そして自分のために奮闘する姿を描く「新・ビジネスドラマ」。一方、転職斡旋(あっせん)会社大手「ブリッジ」の赤城響子(小池)は、乱暴な黒澤の仕事ぶりを嫌悪し、ライバル心を燃やす。黒澤は経歴が謎で、「SAGASU」の従業員で、30年の付き合いがある灰谷哲也(杉本)ですら詳細を知らず、二人の仲も複雑という人間関係の中、さまざまな企業の要望に応え、ヘッドハントをめぐる人間ドラマが繰り広げられる。

杉本はネタバレとなる設定をうっかりすべて話しそうになり、慌てながらも「なんかあるらしいんですよ、因縁めいたことが。黒澤の黒、赤城の赤、そして灰谷はグレーなので、それがどういうことなのか、楽しみにしてもらえたら」とアピールしていた。

脚本は、『コード・ブルー』『BOSS』『ハゲタカ』『医龍』『離婚弁護士』などの林宏司氏が同局のドラマを初めて書き下ろす。監督は、「僕の生きる道」シリーズなどの星護氏が担当する。

 同ドラマは地上波放送終了後、BSジャパンで放送、4月から始まる定額制動画配信サービス「Paravi」でも配信される。

関連写真

  • 江口洋介 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)小池栄子、江口洋介、杉本哲太 (C)ORICON NewS inc.
  • テレビ東京新ドラマ枠で放送される『ヘッドハンター』に出演する杉本哲太 (C)ORICON NewS inc.
  • テレビ東京新ドラマ枠で放送される『ヘッドハンター』に出演する小池栄子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス