アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『バイプレイヤーズ』大杉漣さん急逝に追悼テロップ

『バイプレイヤーズ』大杉漣さん急逝に追悼テロップ

 俳優の大杉漣さんが21日午前、急性心不全のため66歳で急死した。大杉さんが出演していたドラマ『バイプレイヤーズ』(毎週水曜 後9:54)が同日放送され、番組の最後にテロップを表示しその死を悼んだ。

 竹原ピストルが歌うエンディング曲「ゴミ箱から、ブルース」が流れるなか、約10秒にわたって「大杉漣さんが、本日急逝されました。心よりご冥福をお祈りいたします。」と画面右上にテロップが表示された。

 ドラマは、大杉さんら日本を代表する名脇役(バイプレイヤー)たちが共演する人気作品。大杉さんと共演していた遠藤憲一田口トモロヲ松重豊光石研は、突然の訃報に同日、「余りにも突然のことで、メンバー一同、まだ現実を受け入れられないでいます。最後の日まで、役者として現場に立ち、みんなを笑わせ続けていました。永遠に我々の目標であり、憧れでもある漣さんを、一同、心から誇りに思います」とコメントを寄せた。

 同局によると大杉さんは、20日に行われた同ドラマの撮影に参加。撮影を終えて宿泊先に戻り食事をとっていたところ腹痛を訴え、松重豊と関係者らに付き添われて救急病院へ。そのまま、21日の午前3時53分にテレビ東京の関係者、同ドラマの共演者、そして家族に見守られながらの最期を迎えたという。

オリコントピックス