アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ビートたけし、大杉漣さん急死にぼう然 東国原氏が様子伝える「全ての動きが止まっていた」

ビートたけし、大杉漣さん急死にぼう然 東国原氏が様子伝える「全ての動きが止まっていた」

 俳優の大杉漣さんが21日、急性心不全のため66歳で亡くなった。大杉さんが出演した映画『HANA-BI』『ソナチネ』でメガホンをとったビートたけし北野武監督、71)は、大杉さんの訃報に接し「全ての動きが止まっていた」と、たけしと共に番組収録に臨んでいた元宮崎県知事の東国原英夫氏(60)が自身のツイッターで様子を伝えている。

 「大杉漣さん急死の報が飛び込んで来た。本当に吃驚である。丁度、TVタックルの収録が終わったばかりで、師匠も全ての動きが止まっていた」とたけしの様子を伝えた東国原氏。「詳細はまだ分からないが、ご冥福をお祈り申し上げたいと思う」とつづった。

 大杉さんは1951年9月27日生まれ、徳島県出身。74年から88年まで、太田省吾主宰の『転形劇場』で舞台俳優として活躍し、78年に『緊縛いけにえ』で映画デビュー。以降、映画『ソナチネ』、『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』などの多数の作品に出演。主役を際立たせる名バイプレーヤーとして欠かせない存在だった。

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019