• ホーム
  • 芸能
  • ディズニーの魔法のすべて収集『アーカイブス展』大阪からスタート

ディズニーの魔法のすべて収集『アーカイブス展』大阪からスタート

 きょう10日から3日間、東京ディズニーリゾートで開催されるディズニーファンイベント『D23 Expo Japan 2018』(チケットの抽選販売はすべて終了)でお披露目となる『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展〜ミッキーマウスから続く、未来への物語〜』の全国巡回が大阪でスタートすることが明らかになった。4月11日から5月14日の34日間、大阪・大丸梅田店15階大丸ミュージアム<梅田>で開催。ディズニー映画で使用された衣装や日本初公開を含む貴重な資料を展示公開し、限定グッズも多数販売される。

【写真】その他の写真を見る


 米カリフォルニア州バーバンクに、ウォルト・ディズニーとウォルト・ディズニー・カンパニーに関する史料を収集・保存、資料調査部門として1970年に設立された「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」。ディズニーの歴史全般をカバーし、1万箱を超える文書とグッズ、400万点の写真、1万2千冊の本、数千点の衣装と小道具を保管している。ディズニーの魔法を今そして未来に生かすため、キャストメンバー、社員、アトラクションの製作を担うイマジニアや外部の研究者は、アーカイブスを訪れて学ぶことができるが、一般公開はされていない。

 同展覧会は、日本にいながらそのアーカイブスの中に入ったかのような体験ができる、日本初の試み。今回展示されるのは、ウォルト・ディズニー・アーカイブスの数千点におよぶコスチュームや小道具、400万点の写真資料といった膨大なコレクションから厳選された、日本初公開を含む約420点の貴重なアイテムたち。今年、スクリーンデビューから90周年を迎えるミッキーマウスにまつわる特別なアートやグッズ、ディテールまで再現されたウォルト・ディズニーの仕事部屋、『美女と野獣』(2017年)、『パイレーツ・オブ・カリビアン』、『アリス・イン・ワンダーランド』ほか、映画作品で使用された衣装の数々。そして、ディズニーと日本の深い関わりを示す貴重な資料などを、その背景にある人々の思いや知られざるエピソードとともに紹介していく。

 会場内には、貴重なコレクションを撮影できるコーナーも。鑑賞するだけでなく、写真として思い出を残す、SNSでシェアするなど、さまざまな形で楽しむことができる展覧会となる。

■展示内容
★ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年を記念して、特別なアートや往年のグッズを特別展示

 展覧会の入り口では、米国のアーカイブスのロビーにあるものを再現した巨大なショーケースがゲストを迎える。このショーケースでは、ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年を記念した特別な展示を行う。

★ディズニーの歴史に触れることができるリサーチルーム

 ディズニーの輝かしい過去の作品の資料を振り返ることができるリサーチルーム。ディズニーのクリエイターたちもアイディアのヒントを得るために訪れるという実際のリサーチルームを再現した部屋では、ウォルト・ディズニー・カンパニー創業からの歴史を辿る貴重な資料を展示。見るだけでなく自ら触れることができる資料や、アニメーターたちが使用するデスクやオリジナル原画作品も展示。アーカイブス・スタッフによる、ディズニー作品のトリビア解説の数々も楽しめる。

★誰もが知るディズニー作品の美しい衣裳や小道具

 昨年の大ヒットした『美女と野獣』から、その美しさが心に残るベルと野獣のダンスシーンの衣装や、ルミエール、コグスワース、ポット夫人といった個性豊かなキャラクターたちの撮影に使用されたキャラクター・モデルを展示。『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(16年)、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(17年)の両作品からは、ジョニー・デップがこだわりぬいたという衣装や小道具を展示。ほかにも、フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの人気アトラクション「ホーンテッド・マンション」で実際に使用された3人のゴーストも登場する。

★細部まで再現したウォルト・ディズニーの仕事部屋

 展覧会の見どころのひとつとなるのが、映画『ウォルト・ディズニーの約束』で細部にわたり忠実に再現されたウォルト・ディズニー自身の仕事部屋。ウォルトが日々の仕事をしながら、世界中の大切なゲストを迎えた、まさに数々の夢が生まれた特別な空間だ。在りし日のウォルトを感じることができる貴重な展示となる。

■大阪会場 開催概要
会期 :2018年4月11日(水)〜5月14日(月)34日間、会期中無休
入場時間:前10:00〜後7:30(後8:00閉場) ※最終日は〜後4:30(後5:00閉場)
会場 :大丸梅田店15階 大丸ミュージアム<梅田>
入場料 :一般1500円(1300円)、高大生1200円(1000円)、中学生から3歳まで800円(700円)、2歳以下無料※すべて税込 ※( )は前売り料金。
問合せ:大丸梅田店 06−6343-1231(大代表)
http://www.daimaru.co.jp/museum/



関連写真

  • 『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展〜ミッキーマウスから続く、未来への物語〜』全国巡回決定(C)Disney
  • 『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展〜ミッキーマウスから続く、未来への物語〜』お披露目となった『D23 Expo Japan 2018』の様子(C)Disney
  • ウォルト・ディズニーが在りし日に使用した仕事場を細部にわたって再現(C)Disney
  • 『D23 Expo Japan 2018』でお披露目されたスクラップブック「ミッキーマウス」1954年(C)Disney
  • 『D23 Expo Japan 2018』でお披露目された『美女と野獣』(2017年)撮影に使用されたキャラクターモデル(C)Disney
  • 『D23 Expo Japan 2018』でお披露目された『美女と野獣』(2017年)ボールルームでのベルのドレス(C)Disney
  • 『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展〜ミッキーマウスから続く、未来への物語〜』ウォルト・ディズニー・アーカイブスのロビーにある巨大なショーケースを再現(C)Disney
  • 『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展〜ミッキーマウスから続く、未来への物語〜』ジョン・ヘンチ画 ミッキーマウスのポートレート(1953年)(C)Disney
  • 『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展〜ミッキーマウスから続く、未来への物語〜』『ファンタジア』をテーマにアニメーターズ・デスクを紹介(C)Disney
  • 『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展〜ミッキーマウスから続く、未来への物語〜』『美女と野獣』(2017年)ダンスシーンに使用されたベルのドレス(C)Disney
  • 『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展〜ミッキーマウスから続く、未来への物語〜』『美女と野獣』(2017年)ダンスシーンに使用された衣装(C)Disney
  • 『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展〜ミッキーマウスから続く、未来への物語〜』『美女と野獣』(2017年)ダンスシーンに使用されたキャラクターモデル(C)Disney
  • 『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展〜ミッキーマウスから続く、未来への物語〜』『美女と野獣』(2017年)ダンスシーンに使用されたキャラクターモデル(C)Disney
  • 『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展〜ミッキーマウスから続く、未来への物語〜』『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(2016年)マッドハッターの衣装(C)Disney
  • 『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展〜ミッキーマウスから続く、未来への物語〜』『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(2017年)ジャック・スパロウの衣装(C)Disney
  • 『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展〜ミッキーマウスから続く、未来への物語〜』フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの人気アトラクション「ホーンテッド・マンション」で実際に使用されたヒッチハイクするゴースト(C)Disney
  • 『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展〜ミッキーマウスから続く、未来への物語〜』フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの人気アトラクション「ホーンテッド・マンション」で実際に使用されたヒッチハイクするゴースト(C)Disney
  • 『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展〜ミッキーマウスから続く、未来への物語〜』フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの人気アトラクション「ホーンテッド・マンション」で実際に使用されたヒッチハイクするゴースト(C)Disney
  • 『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展〜ミッキーマウスから続く、未来への物語〜』展覧会限定グッズ=ぬいぐるみ(左から)Plane Crazy/Vintage Style/Fantasia/Fun and Fancy Free/Modern Style 各 1620円(税込み)(C)Disney
  • 『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展〜ミッキーマウスから続く、未来への物語〜』全国巡回決定(C)Disney

オリコントピックス