• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 須賀健太、台本7ページを5分で覚える「大変だった」

須賀健太、台本7ページを5分で覚える「大変だった」

 俳優の須賀健太が10日、都内で行われた映画『ちょっとまて野球部!』(宝来忠昭監督 27日公開)の完成披露イベントに出席。別日に予定していたシーンを急きょ撮影することになったことがあったと振り返り、「まだせりふを覚えていなくて、それが7ページあったのですが、5分で覚えました」と裏話を披露した。

【写真】その他の写真を見る


 そのシーンは、須賀と小関裕太山本涼介の3人で7ページ分長回しで撮影したといい、須賀は「『5分後に撮ります』って言われて、役者人生で一番っていうくらい(集中力を)発揮しました」と苦笑。ほぼ一発OKだったようで、キャストたちが「さすが」と感嘆するなか、「あれは大変でした」としみじみ語った。

 同作は、ゆくえ高那氏の漫画を映画化。高校野球部に所属する男子3人組の、ゆるやかな日常を描く青春コメディー。柳喬之塩野瑛久らが共演し、芸人の友池一彦が脚本を担当した。

 劇中で“3バカ”を演じる須賀、小関、山本は実際に須賀が先輩として同じ高校に通っていた仲。小関は「実際の高校生時代も一緒に過ごしたっていうのは、演じるにあたって大きかった」と語り、山本も「2人と共演できるっていうのが自分の中では一番引かれた。この2人と演じるのが楽しみだった」と笑顔だった。

関連写真

  • 須賀健太 (C)ORICON NewS inc.
  • 野球部メンバーが勢揃いでポーズ (C)ORICON NewS inc.
  • 小関裕太 (C)ORICON NewS inc.
  • 塩野瑛久 (C)ORICON NewS inc.
  • 柳喬之 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

 を検索