• ホーム
  • 芸能
  • 福山潤、映画『中二病でも恋がしたい!』一人鑑賞で「悶々と…」 内田真礼は安堵

福山潤、映画『中二病でも恋がしたい!』一人鑑賞で「悶々と…」 内田真礼は安堵

 声優の福山潤内田真礼赤崎千夏浅倉杏美上坂すみれが6日、都内で行われた『映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me』(石原立也監督)公開記念舞台あいさつに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、アニメーション制作を京都アニメーションが担当した人気シリーズの新作。『中二病でも恋がしたい!戀』の続編となり、高校3年への進級を控えた富樫勇太(CV:福山)と小鳥遊六花(CV:内田)が駆け落ちを決意し、逃避行する姿を描く。

 六花役の内田は「やっと公開を迎えて、皆さんにも待っていただいたと思いますが、ここに来るまで私もドキドキしていました。みんなでちょっとずつ、もうちょっとで新作が出るんだぞと高めてきたので、皆さんに受けいれられてうれしい」と安堵。「これからも、この先演じる機会や作品を見られる機会があったらいいなと思います。今回、きれいに終わっているので、またお会いできる機会があれば心からいいなと思います」と思いを込めた。

 客席を見わたした福山は「みんなで一緒に観た皆さんが羨ましいです。私はきのうの夜一人で観て悶々としていました」と笑い、「勇太と六花の出会いからずっと演じてきたので、彼らが成長してどうなっていくのか、いずれは彼らと離れるときも来るんだなとずっと思っていた。完全新作という形で、一つの区切りとしてお届けできたのが幸せななこと」と笑顔。「それ以上に、“イチャコラこきやがって”なんて思いながら、微笑ましく観られてすばらしい作品になった」と付け足して笑わせた。



関連写真

  • (左から)福山潤、内田真礼=『映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me』公開記念舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)上坂すみれ、赤崎千夏、福山潤、内田真礼、浅倉杏美、石原立也監督=『映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me』公開記念舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 「新宿っぽい中二病ポーズ」を決める赤崎千夏(右)=『映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me』公開記念舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス