• ホーム
  • 芸能
  • 土屋太鳳、初舞台にド緊張 せりふ2回噛み反省「心と体が幽体離脱しそう」

土屋太鳳、初舞台にド緊張 せりふ2回噛み反省「心と体が幽体離脱しそう」

 女優の土屋太鳳が5日、都内で行われた舞台『プルートゥ PLUTO』取材会に出席。今作が初舞台となるが「舞台はスゴいです。宇宙でした。緊張で心と体が幽体離脱しそうです。さっき(メディア向けのけいこ)も、2回もせりふを噛んじゃいました」とけいこでのカミカミ芝居を反省した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、『鉄腕アトム』の中の1エピソード「地上最大のロボット」を、漫画家・浦沢直樹氏とストーリー共同制作者の長崎尚志氏がリメイクした漫画『PLUTO』を舞台化。2015年に上演されて以来、3年ぶりの公演となる今回は構成・演出などが一新され、さらなる進化を遂げている。

 劇中では、アトム(森山未來)の妹・ウラン、物語の謎を追う高性能刑事ロボット・ゲジヒト(大東駿介)の妻・ヘレナの2役を担当する土屋は「自分の人生で非常に大切な節目になるだろうと思っています」と意気込み。今年の目標を聞かれると「初舞台があるので、こういう時こそ気を引き締めて、いろいろなものに恋をしていきたいです」と言葉に力を込めていた。

 取材会にはそのほか、吉見一豊吹越満柄本明、Pepper、演出・振付のシディ・ラルビ・シェルカウイも出席。同作は、あす6日から28日まで東京・Bunkamuraシアターコクーンにて上演される。



関連写真

  • 舞台『プルートゥ PLUTO』取材会に出席した土屋太鳳 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『プルートゥ PLUTO』取材会に出席した森山未來 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『プルートゥ PLUTO』取材会に出席したPepper (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『プルートゥ PLUTO』取材会に出席した(前列左から)シディ・ラルビ・シェルカウイ氏、Pepper、森山未來、土屋太鳳、大東駿介(後列左から)吉見一豊、柄本明、吹越満 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス