• ホーム
  • 芸能
  • アニメ『学園ベビーシッターズ』上映会 西山宏太朗、無茶ぶりで“かわいい声”披露

アニメ『学園ベビーシッターズ』上映会 西山宏太朗、無茶ぶりで“かわいい声”披露

 7日からTOKYO MX、サンテレビ、BS11で放送される新アニメ『学園ベビーシッターズ』の先行上映会が4日、都内で行われ、声優の西山宏太朗古木のぞみ梅原裕一郎三瓶由布子が出席した。

 同作は、時計野はり氏が2009年より『月刊LaLa』(白泉社)で連載中の同名漫画が原作。両親を飛行機事故で亡くした主人公・鹿島竜一と幼い弟・虎太郎兄弟が、同じ事故で息子夫婦を亡くした森ノ宮学園の理事長に引き取られる。しかし、面倒を見る条件として、学園内に設けられた保育ルームが人手不足という理由で、竜一がベビーシッターをすることになる。主人公・竜一役を西山、虎太郎役を古木、竜一のクラスメイト・狼谷隼役を梅原、隼の幼い弟・狼谷鷹を三瓶が務める。

 トークショーでは、年末にキャスト陣で忘年会をしたことが話題に。三瓶が女性の間で「登場キャラの男子なら、どの子が好き?」と盛り上がったといい、結果は西山が演じた竜一が最下位になったことを暴露。納得いかない西山の様子を見て、三瓶が会場のお客さんに同じ質問をすると、大半が手を挙げたため、西山は「ありがとうございます」と喜んだ。

 幼い弟を担当した古木と三瓶は、弟たちが名前をいう「お名前列車」のシーンが、原作になくアフレコは大変だったと明かした。そこで三瓶が、お兄ちゃんを演じた西山と梅原に、「このシーンをやってみたいですか?」無茶ぶり。二人は自分の本名をかわいく声を出して会場を笑わせた。

 アニメはTOKYO MXで7日から毎週日曜午後11時、サンテレビで9日から毎週火曜深夜0時、BS11で9日から毎週火曜深夜0時30分から放送する。



関連写真

  • キャスト陣の集合写真(C)時計野はり・白泉社/「学園ベビーシッターズ」制作委員会
  • キービジュアル(C)時計野はり・白泉社/「学園ベビーシッターズ」制作委員会
  • ロゴタイトル(C)時計野はり・白泉社/「学園ベビーシッターズ」制作委員会

オリコントピックス