• ホーム
  • 芸能
  • 蝶野正洋 今年も月亭方正に強烈ビンタ 封印発言は「リップサービス」

蝶野正洋 今年も月亭方正に強烈ビンタ 封印発言は「リップサービス」

 日本テレビ系の人気バラエティー番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の大みそか年越しスペシャル『絶対に笑ってはいけない』で、毎年恒例となっているレギュラーメンバー・月亭方正(49)に対する蝶野正洋(54)の強烈ビンタ(通称:蝶野ビンタ)に新たな動きがあった。はじめに蝶野に代わって「衝撃ビンタマシーン 蝶野くん」が登場。このまま不在かと思われたが、すぐさま蝶野本人が姿を現し、今年も「蝶野ビンタ」は継続された。

 ジャズトランペット奏者の日野皓正が、コンサート中に教え子を往復ビンタしたことが騒動化。9月8日発売の写真週刊誌『FRIDAY』(講談社)でインタビューに応じた蝶野が「日野さんのビンタは、(比較的安全な)首元もうまく捉えられていない上、予告なしでの往復ビンタ。オレが方正くんにビンタする時は、当たりどころは意識して、なるべく危なくないようにしています」としながらも「今回の件が論争を呼んでいますし、今年はオファーがあってもビンタはしません」と語っていた。

 一方の方正は、放送前にORICON NEWSのインタビューに応じた際に「あれを読んだ時に『やっと、ゆっくりできる』って思って、スゴい喜んだもん(笑)。蝶野さん以外の人にビンタされるのは、ホンマに意味がわからないから」と率直な思いを吐露。今回の騒動を受けて、おなじみの“蝶野ビンタ”がどのような展開を見せるのか大きな注目が集まっていた。

 この日の放送で、博多大吉がビンタマシーン「蝶野くん」の威力を確かめようとしたところで「ガァッデム! 何やってんだ、コラ」の掛け声とともにまさかの蝶野本人が登場。「ビンタマシーン、ふざけんなコラ(FRIDAYでの発言は)リップサービスだよ」と一喝すると、出演者全員がたまらず爆笑。その後は、おなじみのドラマチックな展開。方正が「FRIDAYで…」と抵抗しようとするも、あえなく口封じされてしまい、最終的には蝶野の強烈なビンタで張り倒された。

 ネット上では、ビンタ継続に対して「やっぱり、方正さんのビンタ見ないと年越せない」「蝶野さんと方正のシーン、毎年最高」「方正のビンタが終わると、今年も終わるなって感じする」といった声が相次いで寄せられた。

 今回のテーマは「アメリカンポリス」。新人アメリカンポリスに扮した5人が、大物俳優が扮する署長との対面や訓練をはじめ、さまざまな研修を実施。これまでの“笑ってはいけないシリーズ”の実績を活かしつつ、新たな面白さが加わりスケールも拡大。豪華ゲスト扮する笑いの刺客たちが仕掛けるさまざまなトラップに挑む。

 毎年注目のゲストも多彩で、新人アメリカンポリスになったメンバーの前には大物俳優扮する警察署の署長をはじめとして、板尾創路ジミー大西などおなじみの常連ゲスト、人気俳優・女優、日本アカデミー俳優、有名文化人たち、スキャンダルタレント、メンバーの身内も登場。また、“笑ってはいけない”に加え、“驚いてはいけない”ブロックを設けられ、バラエティーに富んだ笑いを届ける。



オリコントピックス