• ホーム
  • 音楽
  • “活動62年”デューク・エイセス「やりきった」 ラストコンサートで集大成

“活動62年”デューク・エイセス「やりきった」 ラストコンサートで集大成

 男性コーラスグループのデューク・エイセスが21日、東京・メルパルクホールでラストコンサートを開催した。1955年の結成以来、62年間の集大成を目に焼き付けようと、約1500人のファンが駆けつけた。

【写真】その他の写真を見る


 デューク・エイセスは55年8月に結成。当時全国に点在していた米軍キャンプをまわりアメリカンポップス・黒人霊歌を歌うグループとして活動をスタートした。61年からはNHKのバラエティー番組『夢であいましょう』にレギュラー出演。67年から5年間をかけ永六輔さん、いずみたくさんらとともに完成させた「にほんのうたシリーズ」からは「いい湯だな」「女ひとり」など数多くのヒット曲が生まれた。

 開演前には、報道陣の囲み取材にメンバーの谷道夫(83)、槙野義孝(81)、大須賀ひでき(61)、岩田元(48)がそろって対応。「やれることは全部やりました。未練はない」と充実感をにじませた谷は「ファンの皆さんのおかげ。感謝の一言です」と感慨深げ。

 解散の理由については「今のデュークのサウンドが残っている間に…。『歳をとったね』と言われるのはまだしも『(クオリティーが)落ちたね』と言われるのは、許せないと思う」と説明し「潔くお別れしたほうがいいかなと。引き際が肝心」と清々しい表情を浮かべた。

 また、最も印象的だった出来事を問われた谷は「やっぱり仲間の死ですね」とポツリ。「青空が灰色になるくらいショックだった。いずれそういうものと立ち向かわないといけないんだなと思いました」と話していた。



関連写真

  • ラストコンサートの公演前囲み取材に出席したデューク・エイセス(左から)大須賀ひでき、岩田元、谷道夫、槙野義孝 (C)ORICON NewS inc.
  • ラストコンサートの公演前囲み取材に出席したデューク・エイセス(左から)大須賀ひでき、岩田元、谷道夫、槙野義孝 (C)ORICON NewS inc.
  • ラストコンサートの公演前囲み取材に出席したデューク・エイセス・大須賀ひでき (C)ORICON NewS inc.
  • ラストコンサートの公演前囲み取材に出席したデューク・エイセス・岩田元 (C)ORICON NewS inc.
  • ラストコンサートの公演前囲み取材に出席したデューク・エイセス・谷道夫 (C)ORICON NewS inc.
  • ラストコンサートの公演前囲み取材に出席したデューク・エイセス・槙野義孝 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス