• ホーム
  • 芸能
  • サッカー元日本代表・岡野雅行にリアル「ROOKIES」秘話 映画化の価値あり!?

サッカー元日本代表・岡野雅行にリアル「ROOKIES」秘話 映画化の価値あり!?

 サッカー元日本代表のストライカー、“野人”こと岡野雅行が、11日放送のテレビ朝日系『激レアさんを連れてきた。』(毎週月曜 後11:15〜深0:15※一部地域で放送時間が異なる)に出演。サッカー経験ゼロのヤンキー達を集めてサッカー部を作り強豪チームにする、という『ROOKIES(ルーキーズ)』ばりの過去を持つ“激レアさん”として、当時を振り返る。

 1997年、日本を史上初のワールドカップ出場に導いた岡野。延長戦で劇的なゴールを決めたその試合は“ジョホールバルの歓喜”と呼ばれ、日本サッカー界に大きな歴史を刻んだ。そんな岡野だが、決して順風満帆なサッカー人生を歩んでいたわけではない。入学した高校は、全国のヤンキーを集めて更生させるような学校。完備されている寮も年間100人が脱走をするという上下関係がとにかく厳しい監獄のような寮だった。しかもあると思っていたサッカー部も存在しないという悲惨な状態。入学早々、学校内のいたるところで繰り広げられるヤンキーたちのケンカを目の当たりにし、ひたすら絶望感に打ちひしがれていたという。

 そこで一念発起した岡野はサッカー部設立を決意。1年先輩のトガノさんとともに全校生徒に呼びかけ、部員を募ると、鬼のような顔をしたトップクラスのヤンキーたちが続々集結。泣く子も黙るヤンキーたちとともに、いよいよ部活動として本格始動していくことになる。

 しかし初めての対外試合では『クローズ』(高橋ヒロシ氏の不良漫画)ばりの乱闘騒ぎに。そこから岡野率いるサッカー部は大きな変身を遂げていく。全国のトップクラスのヤンキーで構成されたサッカー部が県内有数の強豪チームへと成長していくストーリーは、まさにリアル『ROOKIES』(森田まさのり氏の野球漫画)。

 岡野とヤンキーたちの熱い絆はもちろん、今の時代では考えられないような、ヤンキーを更生させるための超スパルタハイスクールライフも明らかに。ヤンキー高校の実情に、MCの若林正恭オードリー)が「こんなにストレートに引いたの、久しぶりだよ」と絶句することもあったが、超感動のサクセスストーリーに、若林もゲストの片瀬那奈も「泣きそう」、と激しく感情移入する。

 収録を終えて岡野は「あんなに感動すると思いませんでした」と驚いたといい、「自分でも忘れていた当時の気持ちを思い出して、ジーンときました。『なんで今までそれを言わなかったんですか、映画にすればいいのに』と言ってくださいました。大きな反応があって良かったです」とニッコリ笑顔で帰っていった。



関連写真

  • 12月11日放送、テレビ朝日系『激レアさんを連れてきた。』に、サッカー元日本代表のストライカー、“野人”こと岡野雅行が“激レアさん”として出演(C)テレビ朝日
  • スタジオ収録様子(C)テレビ朝日

オリコントピックス