• ホーム
  • 芸能
  • 樋口真嗣監督、新作は完全オリジナル TVアニメ『ひそねとまそたん』発表

樋口真嗣監督、新作は完全オリジナル TVアニメ『ひそねとまそたん』発表

 映画『シン・ゴジラ』(2016年)で第40回日本アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀監督賞を受賞した樋口真嗣氏が、テレビアニメ『ひそねとまそたん』(2018年放送)で総監督を務めることが3日、わかった。千葉・幕張メッセで開催中の『東京コミックコンベンション2017』で発表された。航空自衛隊が管理するドラゴンと、新人搭乗員たちを描く斬新な“お仕事ストーリー”。樋口総監督が、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の岡田麿里氏とのコンビでオリジナルストーリーを練り上げた。

【写真】その他の写真を見る


 原作はBONES、樋口総監督、岡田氏(シリーズ構成兼)が担当。監督は『キズナイーバー』の小林寛氏、キャラクターデザインは『スペース☆ダンディ』の伊藤嘉之氏、メインメカニックデザインは『マクロスシリーズ』の河森正治氏と、トップクリエイターたちが、『交響詩篇エウレカセブン』などのアニメーション制作会社ボンズに結集した。

 ヒロイン・甘粕ひそねは、航空自衛隊の岐阜基地に勤務を始めた新人。素直すぎて無意識で他人を傷つけるのに疲れ、任期限定の自衛官を選び、そこで運命の出逢いが彼女の人生を根底から変える。基地に秘匿された戦闘機に擬態するドラゴンがひそねを選び、大空高く舞いあがったのだ。こうして「OTF(変態飛翔生体)」であるドラゴンに乗り込む飛行要員が、ひそねの仕事になった。国家的な命運を左右するとも言われるドラゴンには、はたしてどんな秘密が隠されているのだろうか…。

 この日行われた新作発表のステージには、コヤマシゲト氏(モンスターコンセプトデザイン)、青木俊直氏(キャラクター原案)、樋口総監督、南雅彦氏(株式会社ボンズ 代表取締役・プロデューサー)が出席した。

 樋口総監督は「アニメは好きだけれど、周りがすごい人たちばっかりだったので、自分で作るよりは誰かを手伝うことが多かった」と語り、今回は「アニメを作りというよりも、青木さん、コヤマさんたちの絵に惚れたことが大きかった。この絵が動いたらすごいだろうなとか、この話を表現するのは、手書きのアニメーションがいいと思った」と経緯を説明。「アニメーションというフィールドに引き込まれた最大の理由が岡田さん。岡田さんとだったらできるかもしれないっていうのもあるし、いろんなことが広がっていった」と信頼を寄せた。

 最後に、「『シン・ゴジラ』を作って、映画の可能性を突き詰めてしまったところがあります。次に何をやるか考えたとき、新しい可能性を考えるとアニメーションという表現形態だった」と思いを伝え、「今までのアニメーションとは違ったものになるかもしれない。その違ったものというのが自分にとって魅力になっていると思う」と話した。



関連写真

  • 『ひそねとまそたん』ティザービジュアル(C)BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまたん」飛実団
  • 樋口真嗣監督最新作『ひそねとまそたん』、事前に公開されていたシルエットビジュアル(C)BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまたん」飛実団
  • 『ひそねとまそたん』タイトルロゴ(C)BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまたん」飛実団

オリコントピックス