• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 西郷輝彦、がん再発を公表 来年3月の舞台降板「心して病と向き合う」

西郷輝彦、がん再発を公表 来年3月の舞台降板「心して病と向き合う」

 俳優で歌手の西郷輝彦(70)が30日、がんが再発したことを所属事務所を通じ公表した。西郷は6年前に前立腺がんと診断され、全摘出の手術を受けていた。

 直筆の署名でコメントを寄せた西郷は「6年前になりますが前立腺がんと診断され全摘出の手術を受け、その後の経過も良く仕事を続けてくることができましたが、最近の検査で再びがんが発覚し医師と相談したところ、来年の春先くらいまで治療を最優先にすべきとのご指導をいただきました」と報告。

 今後の活動については「現在、決まっている仕事があり、自分の体調を考慮しながら仕事をさせていただきたいと思っております」としている。しかし、来年3月に予定されていた福岡・博多座公演『舞妓はレディ』については、1ヶ月という長期の舞台とあり、体力的な面を考慮し降板すると発表した。

 最後には「一日も早く皆さまの前に、完全復活した姿で、歌と芝居のパフォーマンスをご披露できるよう、心して病と向き合う所存でございます」と力強く復帰を誓った。

オリコントピックス

 を検索