• ホーム
  • 芸能
  • 蛭子能収、息子と親子ユニット結成「ちょっと照れくさい」

蛭子能収、息子と親子ユニット結成「ちょっと照れくさい」

 漫画家でタレントの蛭子能収(70)が28日、都内で行われた『Windows 10 冬キャンペーン「クリエイティブ・ディレクター エビス・ヨシカズ」』就任披露式に出席。ゲーム専門のサウンド制作会社に勤める息子・一郎氏(42)と、親子クリエイティブユニット「EBS_KZ Inc.(エビスカズインク)」を結成し、報道陣に初お披露目し「ちょっと照れくさいですね」と白い歯をみせた。

【写真】その他の写真を見る


 同ユニットは、キャンペーンのCM制作を担当。父・能収がクリエイティブ全体の総括、息子・一郎氏が音響効果のサウンドデザイナーを務め、3人の孫たちがナレーションに挑戦。三世代で共作した新CMは、きょう28日より、ウェブや全国の家電量販店店頭などで公開される。

 大役を任された能収は「クリエイティブ・ディレクター」と書かれたタスキを掛けられると「うれしいけど、まだよく分からなくてキョトンとしてます」と照れ笑い。CM制作の話題に及ぶと「コンセプトは『わー、すごい!』です」と話し、手応えをにじませた。

 親子ユニット結成のオファーを受け、能収は「お金が入るなと。あまりお金以外は欲しくないです」と本音をポツリ。これには一郎氏が「そこなの!?」とツッコミを入れ「ウチたち親子でいいのかなと思ったけど、頑張ろうと思いましたね! いよいよ公開になるので、うれしい気持ちでいっぱいです」と、父をフォローするように真面目コメントで進行の手助けをしていた。



関連写真

  • 親子クリエイティブユニット「EBS_KZ Inc.」を結成した(左から)蛭子能収、蛭子一郎氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 就任披露式に出席した(左から)蛭子能収、蛭子一郎氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『Windows 10 冬キャンペーン「クリエイティブ・ディレクター エビス・ヨシカズ」』就任披露式の模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス