• ホーム
  • 芸能
  • JUNONスーパーボーイGPに日大1年生・綱啓永さん 過去最多1万7293人の頂点に立ち涙

JUNONスーパーボーイGPに日大1年生・綱啓永さん 過去最多1万7293人の頂点に立ち涙

 伊藤英明三浦翔平菅田将暉らを輩出した若手俳優の登竜門『第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト グランプリ』最終選考会が26日に都内で行われ、過去最高応募総数1万7293人から、千葉県出身の日本大学1年生・綱啓永(つな・けいと/18)さんがグランプリに選ばれた。史上初の敗者復活戦からのグランプリとなった。

【写真】その他の写真を見る


 発表の瞬間口を一字に結び、唖然とした綱さん。司会の中山秀征から心境を問われ「賞をとれると思ってなかったから本当にうれしいです。賞は無理だと思ってた…」とこらえきれずに涙。「こんな俺なんかがグランプリをもらっていいのかわからないけど」とすすり上げると、「おめでとう!」の声に後押しされ「ありがとう!」と喜びを露わにした。

 今年で記念すべき30回目を数える同コンテストでは、「あなたの隣のすてきな男の子、推せんしてください」をキャッチフレーズに1988年にスタート。これまでに武田真治袴田吉彦柏原崇小池徹平平岡祐太溝端淳平など多数の男性スターが誕生した。応募資格は事務所に所属してない12歳から22歳の男子で、書類審査を通過した約1000人にカメラテストと面接を実施、『JUNON』(主婦と生活社)本誌や各サイトでの人気投票により104人→50人→30人→15人→10人と絞られ、敗者復活戦を経てファイナリスト13人が決定した。

 この日はタレントの中山秀征が司会のもと、審査員にブルゾンちえみ上遠野太洸(23代GP)、佐野岳(24代GP)らのほか『JUNON』読者審査員、協賛会社審査員、各芸能事務所代表者31人がファイナリスト13人の中から各賞を選出。第一次審査では自由パフォーマンス、第二次審査ではブルゾンを相手にした告白演技で勝負を繰り広げた。

■以下、各賞受賞者

SHOWROOM賞:入江海斗(福岡出身・18)

協賛者特別賞:明色美顔ボーイ賞 奥野壮(大阪出身・17)、黒騎士と白の魔王賞 佳山悠我(京都出身・14)、サムライボーイ賞 伊藤真央(大阪出身・15)、QBナビゲーター賞 富樫慧士(山形出身・16)、DDセルフプロデュース賞 徳永智加来(大阪出身・14)

フォトジェニック賞:奥野壮(大阪出身・17)

準グランプリ:富樫慧士(山形出身・16)

審査員特別賞:佳山悠我(京都出身・14)

グランプリ:綱啓永(千葉出身/18)



関連写真

  • 『第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト グランプリ』でグランプリに選ばれた綱啓永さん (C)ORICON NewS inc.
  • 涙を浮かべながらあいさつする『第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト グランプリ』グランプリの綱啓永さん(右) (C)ORICON NewS inc.
  • 『第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト グランプリ』でグランプリに選ばれた綱啓永さん (C)ORICON NewS inc.
  • 『第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト グランプリ』でグランプリに選ばれた綱啓永さん (C)ORICON NewS inc.
  • 『第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト グランプリ』準グランプリの富樫慧士さん(中央)、審査員の佐野岳(右)と上遠野太洸 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト グランプリ』審査員特別賞の佳山悠我さん (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス