• ホーム
  • 芸能
  • 『アンパンマン』OP&ED“ドキンちゃん”の絵を紹介 ネットでは悲しみの声

『アンパンマン』OP&ED“ドキンちゃん”の絵を紹介 ネットでは悲しみの声

 日本テレビ系アニメ『それいけ!アンパンマン』(毎週金曜 前10:55)が24日放送され、オープニング(OP)とエンディング(ED)の「にがおえコーナー」では、今月16日に大動脈解離のため57歳で亡くなった声優・鶴ひろみさんが声を務めたドキンちゃんの絵が紹介された。

 この日の放送は「鉄火のコマキちゃんとナットーマン」「ジャムおじさんとちびおおかみ」の2話。

 ともにドキンちゃんも出演し、鶴さんの声が流れるとツイッター上では「アンパンマンのオープニングのイラストがドキンちゃんで、切なくなりながら視聴しています」「こんなボロクソ泣きながらアンパンマン見るの多分10年ぶりくらいだわ…」「久々にアンパンマン見てドキンちゃんが元気そうで泣きそう」「ドキンちゃん…泣ける…」「ドキンちゃん見たいから見たよ」「あと何回聞けるんだろう…」などの声であふれた。

 放送で追悼テロップはなかったが、子どもたちが描いた絵が紹介される「にがおえコーナー」では、OPは「ドキンちゃん」のタイトルで、EDでは「ドキンちゃんとなかまたち」で、絵が紹介された。

 なお、22日には主人公・アンパンマンの声を務める女優の戸田恵子(60)がブログを通じて「とにかく悲しいです。そんな毎日です」と、つらい胸中を吐露。月曜日に行われたという同アニメの収録に触れ「さんざん泣いたからスタジオでは泣かないんだ! 一応リーダーなんだから!と固く決めてスタジオに入ったのに、5分と持たなかった。皆んなボロボロだ。ボロボロのズタボロだ。先週居た人が、今週は居ないなんて。わけわかんないよ」などの思いをつづっている。

 鶴さんの通夜および告別式については親族のみにて家族葬を執り行う。鶴さんは、ドキンちゃん役のほか、『ドラゴンボール』シリーズでのブルマ役、『きまぐれオレンジ☆ロード』鮎川まどか役など数多くの声を務めた。



オリコントピックス