• ホーム
  • 音楽
  • ゆず、市川猿之助にエールの新曲初披露「早く良くなりますように」

ゆず、市川猿之助にエールの新曲初披露「早く良くなりますように」

 人気デュオ・ゆずが8日、全国ホールツアー『YUZU HALL TOUR 2017 謳おう』のパシフィコ横浜 国立大ホール3days2日目公演を行い、スーパー歌舞伎II『ワンピース』(10月6日〜11月25日、東京・新橋演舞場)の主題歌に起用されている新曲「TETOTE」(発売未定)を初披露した。

 当初、『ワンピース』主演の歌舞伎俳優・市川猿之助がこの日のライブに来場予定だった。もともと猿之助へのサプライズとして新曲初披露の準備していたが、10月9日の公演中に左腕を骨折した猿之助は、前日に再手術を受けたため来場できなかった。

 アンコールで北川悠仁は「友達に舞台やるから曲書いてくれと頼まれたわけ。それがうれしくて、去年曲を書いたの。で、今回は僕らが歌って、曲をプレゼントしたんです。本番が始まる前からその友達と『最高の舞台になるね』って一緒に喜んでたんだけど、その友達がこの前、大変なけがをしてしまいまして、本当は今日この公演に来るはずだったんだけど、泣く泣く来れなかった」と経緯を説明。

 続けて「友達が来たらその曲をやろうと思って、実は練習してたの。今日来れなかったんだけど、病院のベッドの上でひぃひぃ言ってると思うので、元気になれるように、せっかくだから新曲を聴いてもらおうと思います」と切り出すと、「猿之助という友達に、今日ここに集まってくれた、大切な俺たちの地元に来てくれたみんなに、俺たちの新曲をお届けしたいと思います」と曲振りし、予定どおり新曲「TETOTE」を初披露した。大盛り上がりのなかで歌い終えた北川は「早く良くなりますように」と願いを込めていた。

 北川はその後、自身のインスタグラムのストーリーで初披露した新曲のライブ映像45秒を投稿。『ワンピース』観劇者しか聴くことができなかった新曲をSNS上にアップするのはゆずとしては初の試み。盛り上がるライブ会場の映像とともに、猿之助にエールを送った。

 ゆずはあす10日、同所でツアーファイナルを迎える。



オリコントピックス