• ホーム
  • 芸能
  • 2017新語・流行語、年間大賞は2語に決定「インスタ映え」「忖度」

2017新語・流行語、年間大賞は2語に決定「インスタ映え」「忖度」

 その年話題となった新語・流行語を決定する年末恒例の『2017 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)が12月1日に発表され、「インスタ映え」と「忖度」の2語が年間大賞に決定した。そのほか、トップ10には「35億」「Jアラート」「睡眠負債」「ひふみん」「フェイクニュース」「プレミアムフライデー」「魔の2回生」「○○ファースト」が選ばれた。

【写真】その他の写真を見る


 年間大賞の「インスタ映え」は、写真共有SNSのインスタグラムに投稿するために写真にこだわる現象から生まれた言葉。同賞事務局は「2017年はインスタ映えの意識が一般に浸透した年だった」とし「かわいい誰かに変身したいという願いはいつの時代も女の子のみならず、人を夢中にさせる。インスタ映えは人類の永遠のテーマを叶えてくれる、スマホの向こうのおとぎの国のステージなのだ」と解説した。

 一方、「忖度」は、モリカケ問題をきっかけに「首相の気持ちに配慮した」を意味する言葉として、強く印象づけられた。同賞事務局は「森友学園の理事長が国会で発言した『そんたく』の言葉は、あっという間に日本を席巻した」と説明。

 「過程が見えず責任の所在があやふやな忖度政治は、歴史をみても独裁政治と相性がいい。集団的自衛権の行使が可能になり、憲法改正論議が選挙の争点となるなか、『忖度』という言葉は、行政には公開しなくてよい文書というのがあって、記録に残らない流れで事態が進んでしまうことがあるのだという事実を教えてくれた」と紹介した。

 なお、選考委員特別賞は、日本で初めて10秒の壁(9.98)を破った桐生祥秀選手(21)の「9.98」と、デビュー戦から半年、無敗のまま29連勝を達成した将棋の最年少プロ、藤井聡太四段(15)の「29連勝」が選出された。

以下は、11月9日に発表されたノミネート30語

 アウフヘーベン/インスタ映え/うつヌケ/うんこ漢字ドリル/炎上○○/AIスピーカー/9.98(10秒の壁)/共謀罪/GINZA SIX/空前絶後の/けものフレンズ/35億/Jアラート/人生100年時代/睡眠負債/線状降水帯/忖度(そんたく)/ちーがーうーだーろー!/刀剣乱舞/働き方改革/ハンドスピナー/ひふみん/フェイクニュース/藤井フィーバー/プレミアムフライデー/ポスト真実/魔の2回生/○○ファースト/ユーチューバー/ワンオペ育児



関連写真

  • 『2017 ユーキャン新語・流行語大賞』の年間大賞を受賞した「インスタ映え」 (C)ORICON NewS inc.
  • 『2017 ユーキャン新語・流行語大賞』の年間大賞を受賞した「忖度」 (C)ORICON NewS inc.
  • 『2017 ユーキャン新語・流行語大賞』授賞式より (C)ORICON NewS inc.
  • 会場に置かれた忖度まんじゅう=『2017 ユーキャン新語・流行語大賞』授賞式 (C)ORICON NewS inc.
  • 流行語大賞に関する批判記事をガラケー片手に読み上げるやくみつる氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『2017 ユーキャン新語・流行語大賞』の選考委員を務めたやくみつる氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『2017 ユーキャン新語・流行語大賞』の年間大賞を受賞した「インスタ映え」 (C)ORICON NewS inc.
  • 『2017 ユーキャン新語・流行語大賞』授賞式より (C)ORICON NewS inc.
  • 「インスタ映え」の象徴ナイトプール(写真はCanCam Night Pool 2017・現在は営業終了)
  • 「ひふみん」が流行語となった加藤一二三 (C)ORICON NewS inc.
  • 「35億」が流行語となったブルゾンちえみ (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス