• ホーム
  • 音楽
  • ET-KING新曲に肺腺がん闘病中のいときん参加「まだまだ作品を残したい」

ET-KING新曲に肺腺がん闘病中のいときん参加「まだまだ作品を残したい」

 ヒップホップグループ・ET-KINGが、1年2ヶ月ぶりの新曲「こっちこい」を11月22日に配信限定でリリースすることが決定した。8月に肺腺がんステージ4を公表したリーダーのいときん(38)もレコーディングに参加している。

 新曲は、グループ代表曲「愛しい人へ」「ギフト」などをプロデュースしたNAOKI-Tと約7年ぶりのタッグで完成。その間にメンバーもそれぞれが結婚し、家族が増えた今のタイミングで、大好きな人への思いを改めて歌にした。

 病気療養のためライブ活動を休止しているいときんも、「自分の音楽、哲学に向き合い、まだまだ作品を残したい」という思いのもと、レコーディングに参加。グループ全員で歌い上げた曲で、グループの今の「声」を届ける。



オリコントピックス