DAOKO、12・20“ベスト盤的”2ndアルバム

 歌手・DAOKO(20)が、2年9ヶ月ぶりとなる2ndアルバム『THANK YOU BLUE』を12月20日にリリースすることが決定した。2015年3月のメジャーデビューから現在までの活動すべてを詰め込んだベスト盤的なアルバムには、DAOKOが打ち立てた“青の時代”への感謝と惜別が込められている。

 映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』主題歌で米津玄師とコラボレーションした「打上花火」がヒットし、アニメーションMVの再生回数は6700万回を突破。岡村靖幸とコラボしたTVアニメ『血界戦線 & BEYOND』エンディングテーマ「ステップアップLOVE」も話題となるなか、10代から現在までの集大成アルバムをリリースする。

 前出2作をはじめ、初の顔出し作品となった1stシングル「ShibuyaK」(15年10月発売)、学校法人・専門学校HALの2016年度新CMソング「ダイスキ with TeddyLoid」、TVアニメ『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』エンディングテーマ「拝啓グッバイさようなら」、DAOKOが作詞作曲、サカナクションの江島啓一が編曲を手がけた「Cinderella step」、D.A.N.と共作したメロウなナンバー「同じ夜」などの未発表曲も収録される。

 本作は初回限定盤(CD+DVD)、通常盤(CD)の2形態。初回盤の付属DVDには、インディーズ時代からこれまでの印象的な楽曲をリアレンジし、DAOKOのライブ映像を作り上げてきた佐伯雄一郎監督が撮影したミュージックビデオが収められる。

 現状ラインナップされている楽曲は、さまざまなアーティストがプロデュース。インディーズ時代の代表曲「BOY」はstarRo、DAOKOの自己紹介ソング「ぼく」はSTUTS、映画『渇き。』の劇中歌「Fog」はGOTH-TRAD、「okay!」はMummy-DRHYMESTER)が手がける。CD、DVDともに収録曲、曲順は後日発表される。

 本作を引っさげ、11月26日の大阪BIGCATを皮切りに、韓国、台湾公演を含めた全国ツアー『DAOKO TOUR 2017-2018 “THANK YOU BLUE”』を行う。

■『DAOKO TOUR 2017-2018 “THANK YOU BLUE”』
11月26日(日):大阪BIG CAT
11月29日(水):愛知・名古屋ボトムライン
12月2日(土):福岡・DRUM Be-1
12月8日(金):宮城・仙台darwin
12月10日(日):北海道・札幌sound lab mole
12月16日(土):韓国 MUVHALL
1月5日(金):台湾高雄 LIVE WAREHOUSE
1月6日(土):台湾高雄 LIVE WAREHOUSE
1月11日(木):東京・Zepp Diver City



タグ

オリコントピックス