• ホーム
  • 芸能
  • オードリー春日、エアロビで全国大会出場 厳しい指導&特訓を耐え抜く

オードリー春日、エアロビで全国大会出場 厳しい指導&特訓を耐え抜く

 これまでフィンスイミング、ボディビル、レスリングに挑戦し、現在はエアロビクスに参戦している、お笑いコンビ・オードリー春日俊彰(38)が、10月に行われた南関東大会で見事、全国大会の出場権を獲得した。あす4日に放送するTBS『炎の体育会TVSP』(後7:00〜※関東地区、後6:55〜)では、全国大会への道のり、そして南関東大会での順位を発表する。

【写真】その他の写真を見る


 今年5月にエアロビを始めた春日だが、前回の放送では、8月に行われた大阪大会の本番で、入場開始から20秒以内にオープニングポーズを取らなければ減点になるというところを52秒もかけて登場。さらに、演技構成もふざけた結果、世界チャンピオンを100人以上育てたブラジル人の名コーチ・パウロさんは、憤慨して結果を待たずに帰ってしまった。当然3位以内には入れず、全国大会への切符を手にすることができなかった。

 この結果を受け、全国大会出場権獲得に向けて、これまで以上に容赦ない特訓をスタートさせた。春日の本気を受け取ったパウロコーチも前回から振り付けを変更し、可能な範囲内で難易度を上げ、加点を狙う。基礎である柔軟性を徹底的に高め、新たな技にも挑戦するその特訓は夜通し続くこともあった。

 前回同様、3位以内が全国大会出場への条件になる。このあとも地方大会は開催されるが、春日のスケジュール上では今回が最後のチャンス。しかも出場者はほとんどが10年以上のキャリアで完成度も高い。他者のノーミス演技が続く中、いよいよ春日の出番。「自信もって、出し切れ!」と、パウロコーチの激励を受け、春日の演技がスタートした。

 前回のように笑いを誘うことも、演技中にふざけることもなく100%を出し切った春日。会場で春日の演技を見守っていた、あき竹城、宮川大輔が心底驚く演技を披露した。そもそも競技を始めたのはわずか5ヶ月前。50センチしか上がらなかった両足開脚ジャンプも今では1メートル以上跳べるまでに急成長。パウロコーチの厳しい指導を耐え抜いた春日が、見事、全国大会の出場権を獲得した。

 なお、“運命”の全国大会は11月11日に六甲アイランド・ファッションマートで開催される。

■春日「エアロビクス」全国大会への道
▽2017年5月
エアロビの練習開始

▽2017年8月11日 
第29回全日本エアロビクスコンテスト(大阪大会 泉大津市立総合体育館)
※3位以内で全国大会出場→5位で出場ならず

▽2017年10月1日
第29回全日本エアロビクスコンテスト(南関東大会 平塚総合体育館)
※3位以内で全国大会出場→入賞を果たし全国大会へ

▽2017年11月11日
第29回エアロビクスコンテスト(全国大会 六甲アイランド・ファッションマート 1Fアトリウムプラザ)



関連写真

  • TBS『炎の体育会TVSP』で放送されるオードリーの春日俊彰が出場したエアロビクス南関東大会の模様 (C)TBS
  • 見事な両足開脚ジャンプも披露 (C)TBS
  • TBS『炎の体育会TVSP』で放送されるオードリーの春日俊彰が出場したエアロビクス南関東大会の模様 (C)TBS
  • TBS『炎の体育会TVSP』で放送されるオードリーの春日俊彰が出場したエアロビクス南関東大会の模様 (C)TBS
  • TBS『炎の体育会TVSP』で放送されるオードリーの春日俊彰が出場したエアロビクス南関東大会の模様 (C)TBS

オリコントピックス