• ホーム
  • 芸能
  • NMB卒業の木下百花、芸名を「百花」に改め再始動 11・30にソロイベント開催

NMB卒業の木下百花、芸名を「百花」に改め再始動 11・30にソロイベント開催

 9月27日にアイドルグループNMB48を卒業した木下百花が、このほど都内で会見を行い、芸名を「百花」に改めて再始動すると発表した。名字を取って新たなスタートを決断した理由を聞かれると「何も思いつかなかったのと、何か“木下”は邪魔かなと思って、4文字もいらんなと思った」とあっけらかんと明かした。

 再始動第1弾のイベントとして、11月30日に東京キネマクラブで『百花イベント 今日の御言葉「生きるとは」〜アナタも幸せの悦びに包まれてみませんか?〜』を開催。意味深なネーミングの真意について「もともと人を自分の手の中に収めることが好きで、それによって皆さんにもステキなものを見せられるよということです。吉田豪さんとトークイベントをやった時に『百花さんはそういう才能があると思います』と言われて、素直にそれを受け取った結果、再始動する時はこれで行こうと思いました」とニヤリ。

 ファン待望のソロイベントでは、自身のカラーをより鮮明にしていくといい「グループでやっていた百合劇場よりも、もっと自分の気持ちに忠実に書いたものをやります。いろいろなブロックに分かれていて、ライブもやるんですけど、自分の言葉で話すパートもあったりします。いろんなものを混ぜて実験的にやりたいなと思っているので、正直見る人のことは基本的には考えていないです。やってみてから考えようということで」と笑わせた。

 キャラを貫き通して、ぶっちゃけトークを連発する百花だが、今後の活動の中心となるものを聞かれると「バンド活動とか自分で洋服を作りたい。自分の作った服でステージ上で歌ったりできたらいいな」と意気込み。アイドルとしての日々については「普通に辞めたいと思ったり、毎日苦しい思いしかない時もありましたけど、自分にとっては最高の人生だった。自分の商品としてのあり方を考えるようになりました」としみじみと振り返った。

 NMBのメンバーと卒業以降は連絡を取っていないようで「自分が一歩でも前に進むためには、甘えるわけにはいかないと感じて、連絡は取っていないです」と真意を説明。今後の活動の拠点は東京となるが「東京に出てくるっていう表現が嫌い。出てきたらどうにかなるだろうっていう感じだと思うんですけど、そんなに夢のある街じゃねーぞと。だから、じわじわとやっていけたらなと考えています」と最後まで“らしさ全開”で今後の抱負を打ち明けていた。



関連写真

  • 木下百花が芸名を「百花」に改め再始動 (C)ORICON NewS inc.
  • 『百花イベント 今日の御言葉「生きるとは」〜アナタも幸せの悦びに包まれてみませんか?〜』を開催する百花 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス