• ホーム
  • 芸能
  • 佐藤浩市、6年ぶり連ドラ主演に覚悟「やりがいのあるものに出たい」

佐藤浩市、6年ぶり連ドラ主演に覚悟「やりがいのあるものに出たい」

 俳優の佐藤浩市が26日、都内で行われたWOWOW『連続ドラマW 石つぶて 〜外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち〜』(毎週日曜 後10:00、全8話※第1話無料放送)完成披露試写会に出席。2011年放送のテレビ朝日『陽はまた昇る』以来、6年ぶりとなった連続ドラマ主演への思いを聞かれると「何年ぶりとかはあまり関係ないんですけど、自分の役者人生がどれくらい残っているかわからない中で、やりがいのあるものに出たいと思っています」と率直な思いを打ち明けた。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、作家の清武英利氏が、2001年に発覚し、政官界を揺るがした「外務省機密費詐取事件」を追った書きおろしノンフィクションが原作。国家の聖域・外務省の「機密費」に切り込んでいく警視庁捜査二課に属する“石つぶて”たちが、組織に抗いながらも掘り起こした事件の真相、“三悪人”と呼ばれた外務省役人たちが起こした衝撃的な悪事を描く。

 佐藤は、ノンフィクション原作ならではの魅力もあるといい「エンターテインメントドラマですから、事実にあったことの中に脚色を入れていく作業は血湧き肉躍ります。クランクアップという桃源郷に向かって頑張っています」と力説。「きょうはドラフト会議です。日ハムが清宮(幸太郎)くんの交渉権を獲得しました。でも、我々にとっては(原作者の)清武さんです。ドラフトといえば、プロ野球といえば清武さんです」と笑わせていた。

 試写会にはそのほか、江口洋介北村一輝萩原聖人飯豊まりえ若松節朗監督も出席。同作は、11月5日より放送される。



関連写真

  • 6年ぶり連ドラ主演に覚悟をみせた佐藤浩市 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)若松節朗監督、飯豊まりえ、江口洋介、佐藤浩市、北村一輝、萩原聖人 (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOW『連続ドラマW 石つぶて 〜外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち〜』の完成披露試写会に出席した江口洋介 (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOW『連続ドラマW 石つぶて 〜外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち〜』の完成披露試写会に出席した北村一輝 (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOW『連続ドラマW 石つぶて 〜外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち〜』の完成披露試写会に出席した萩原聖人 (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOW『連続ドラマW 石つぶて 〜外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち〜』の完成披露試写会に出席した飯豊まりえ (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOW『連続ドラマW 石つぶて 〜外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち〜』の完成披露試写会に出席した若松節朗監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス