• ホーム
  • 芸能
  • 平野ノラ、高校生とバブルダンスでコラボ 「限界との闘い」にビートたけしも感涙

平野ノラ、高校生とバブルダンスでコラボ 「限界との闘い」にビートたけしも感涙

 お笑いタレントの平野ノラが、インターネット上で話題の“バブルダンス”を踊る高校生たちと共演することになり、本番のステージまでわずか5日しかない中、激しく複雑なダンスに大苦戦した模様が、テレビ朝日系『世界がザワついた(秘)映像 ビートたけしの知らないニュース第14弾』(29日 後 6:57〜8:54)で放送される。

【写真】その他の写真を見る


 今回、平野がコラボしたのは、大阪府立登美丘高校ダンス部。彼女たちは高校のダンス部日本一を決める『第10回日本高校ダンス部選手権(ダンススタジアム)』の全国大会で2015、16年と2連覇を達成。今年の選手権ではバブル時代を思わせる“バブルダンス”を披露し、準優勝に輝いた。

 「ダンシング・ヒーロー」など1980年代のヒット曲に乗って繰り広げられるキレッキレのダンス動画を、YouTubeで公開したところ大反響を呼び、1ヶ月で900万再生を記録。動画では、随所に「しもしも?」「おったまげー!」など平野の声が織り込まれており、その縁もあって同部の3年生の引退公演で平野との共演が実現した。

 生徒たちには内緒で同校を訪問した平野が「やっぴ〜!」と登場すると、部員たちは「キャーッ!!」と大騒ぎ。平野が持ちネタの“バブリー50音”を披露すると生徒たちは大ウケで、気をよくした平野もどんどんネタを見せていく。

 実は、3年生の引退公演は5日後に迫っており、スケジュールの都合上、平野は本番前日まで大阪を訪ねることができない。この日もみっちり3時間練習したものの、あまりに難しい振付けに、平野は思わず「夢であってほしい…」とつぶやくほど。平野は東京に戻ってからも、合間を見つけてはスマートフォンでダンス動画を確認、時間を惜しんで単独練習に励んだ。

 そして本番前日、再び登美丘高校ダンス部に合流すると、平野を驚かせる報告が。なんと同ダンス部コーチの振付師・akaneさんによって “バブリー50音”のセリフが存分に盛り込まれた“スペシャルバージョン”に改訂されており、セリフのタイミングを覚えなければならないという、さらなるハードルが課されていたのだ。平野は必死で追い込み練習に挑むが、もうボロボロ…。そして、本番当日を迎える。

 そんな平野が奮闘するVTRを見たスタジオの出演者たちは、「すごい!」「頑張った!」「泣きそうになった」と、大感動。MCのビートたけしも「いやぁ、人間、一生懸命にやっているときの顔はすごいな! あのダンス、よく覚えたなぁ」と手放しで褒めたたえ、目にはうっすら涙が浮かんでいたほど。たけしを“恩人”と慕う平野は、ここぞとばかりに「たけしさん今夜、抱いてよ!!」と叫んでみたが、たけしは苦笑いでスルー!? スタジオ収録もおおいに盛り上がった。

 収録を終えた平野は「ステージでは感動に浸る余裕がなかったので、スタジオでVTRを見て、涙をこらえるのに必死でした。部活を頑張って来た3年生の引退の舞台なのできちんと踊り切らなければと思っていましたし、芸能界に入ってから、いちばん追い込まれた仕事でした。自分の限界への挑戦でした!」と、今回の挑戦を振り返っていた。また、たけしが感動の涙を浮かべたことにも、「“大尊敬”しているたけしさんから涙をいただけたなんて…」と、大興奮。「ありがたい! うれしい!」を連発していた。



関連写真

  • 大阪府立登美丘高校ダンス部の高校生たちとバブルダンスで共演した平野ノラ(C)テレビ朝日
  • 本番のステージまでわずか5日。激しく複雑なダンスに、ノラ大苦戦(C)テレビ朝日
  • 「一生懸命にやっているときの顔はすごいな!」とビートたけしも感涙(C)テレビ朝日
  • 10月29日放送、テレビ朝日系『世界がザワついた○秘映像 ビートたけしの知らないニュース第14弾』より(C)テレビ朝日
  • 10月29日放送、テレビ朝日系『世界がザワついた○秘映像 ビートたけしの知らないニュース第14弾』より(C)テレビ朝日
  • 10月29日放送、テレビ朝日系『世界がザワついた○秘映像 ビートたけしの知らないニュース第14弾』より(C)テレビ朝日
  • 10月29日放送、テレビ朝日系『世界がザワついた○秘映像 ビートたけしの知らないニュース第14弾』より(C)テレビ朝日
  • 10月29日放送、テレビ朝日系『世界がザワついた○秘映像 ビートたけしの知らないニュース第14弾』より(C)テレビ朝日
  • TMR_2608[2].JPG

オリコントピックス