• ホーム
  • 音楽
  • ももクロ百田夏菜子、山寺宏一と『ゾロリ』主題歌デュエット「全身を預ける感じ」

ももクロ百田夏菜子、山寺宏一と『ゾロリ』主題歌デュエット「全身を預ける感じ」

 ももいろクローバーZのリーダー・百田夏菜子が声優の山寺宏一とデュエットし、『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』(11月25日公開)の主題歌「夢は心のつばさ」(11月22日発売)を担当することが19日、わかった。ソロ活動では初の主題歌を担当することになった百田はレコーディングを振り返り「男の人の声が耳から聴こえるって今までないのでそれが新鮮で、ハモった瞬間が楽しいって思えた」と目を輝かせた。

 『かいけつゾロリ』シリーズは、累計発行部数3500万部を超す人気児童書。誕生から30周年を迎えたことを記念し、映画第5作目が11月25日に公開される。主題歌「夢は心のつばさ」の作詞は原作者の原ゆたか氏、作曲はアニソン界のヒットメーカー・田中公平氏が手がけ、主人公ゾロリの声優・山寺と、若き日のゾロリの母・ゾロリーヌの声を担当する百田のデュエットが実現した。

 レコーディングは10月10日、都内のスタジオで行われた。2人は初対面ながらも、山寺が「初めての共同作業。しかも親子共演! ママ!」と呼びかけると、百田も「息子!」と応じ、初っ端から息の合ったやり取りを交わした。

 百田は「山寺さんの声が一緒にヘッドフォンから聴こえたとき涙が出てきそうになった」と感無量の様子。一方の山寺は「ドキドキした〜。一緒に歌ったら気持ちいい! ママと一緒に歌えたっていうか。こんなおっさんが息子でごめんね〜」と謝りつつも、「ももクロの一員になったような気がした。いつでも、ももクロの公演に呼んでもらえたら!」と売り込んだ。

 ソロでは主題歌初挑戦となる百田は「普段は自分として歌っているけれど、今回は役として歌うのも初。正直どうすればいいかわからなかったけど、山寺さんの声が先に入っていたので、全身を預ける感じでした」と語り、「ゾロリに寄り添うように、声でも優しいママを出せたらと思って歌いました」と歌に込めた思いを明かした。

 また、メンバーの反応に関しては「佐々木彩夏が前に違うアニメの声優をしたことがあったので、先輩ヅラするんです。『声優に関してわからないことあったら何でも聞いて』って言ってくるので、若干イラっとして(笑)。結局何も聞かなかった」と明かして笑いを誘った。

 山寺は「夏菜子ちゃんの声は特別な波動出てるよね。みんなを笑顔にする、顔だけじゃなく声も。(声で波動出すのは)野沢雅子さんくらいしか知らなかったけど。やっぱりそういうことか! なんか出ているんだ、みんなを明るく楽しくさせる波動が」と百田の声を分析。「百田さんをお迎えして心あたたまる作品になったので、映画も主題歌同様楽しんでほしい」とアピールすると、百田も「親子愛もあるし、ちょっと初恋のような気持ちでキュンキュンしたりとかもある。ドキドキウルウルハラハラな作品になったのでぜひ楽しんで」と呼びかけていた。



関連写真

  • 『かいけつゾロリ』30周年記念映画の主題歌で百田夏菜子と山寺宏一がデュエット(C)2017 原ゆたか/ポプラ社,映画かいけつゾロリ製作委員会
  • 「夏菜子ちゃんの声は特別な波動出てるよね」と山寺宏一(C)2017 原ゆたか/ポプラ社,映画かいけつゾロリ製作委員会
  • 『映画かいけつゾロリ ZZのひみつ』主題歌「夢は心のつばさ」『11月22日発売)

オリコントピックス