• ホーム
  • 芸能
  • 宮根誠司『ミヤネ屋』降板報道を一蹴 来年4月以降も続投明言

宮根誠司『ミヤネ屋』降板報道を一蹴 来年4月以降も続投明言

 フリーアナウンサーの宮根誠司(54)が19日、司会を務める読売テレビ・日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』(月〜金 後1:55)に出演し、同日発売の『週刊文春』に掲載された番組降板の報道を改めて否定。来年4月以降も司会を続投すると明言した。

 この日は、囲碁AI(人工知能)の進化に関するニュースを取り上げた際、突如報道に言及。「文春さん見たら、『ミヤネ屋3月で降板』ってなってて。ミヤネ屋が“AI屋”になるっていう…」と自身がいなくなった後の番組を想像し、苦笑した。

 出演者らから驚きの声があがるなか、番組スタッフに宮根が「やめさせられるの? 大丈夫? 社長に聞いた?」と自ら確認すると、スタッフは両腕で「◯(まる)」のジェスチャー。それを受け「4月以降もやらさせていただきますので、よろしくお願いします」と頭を下げ、「しばらくは“人間”で頑張っていきます」と冗談を飛ばしつつ続投を約束していた。

 同誌は、宮根が来年3月末で同番組を降板、フジテレビの夕方の報道番組へ“移籍”すると伝えた。宮根は『文春』の直撃取材に、降板と新番組の予定はないと完全否定していた。また、読売テレビもORICON NEWSの取材に対し「事実無根です」と回答している。



オリコントピックス