• ホーム
  • 音楽
  • 小栗旬『1万人の第九』で朗読 父・哲家氏演出のステージに初出演

小栗旬『1万人の第九』で朗読 父・哲家氏演出のステージに初出演

 俳優の小栗旬(34)が、年末恒例『サントリー1万人の第九』に今年の朗読ゲストとして出演することが18日、明らかになった。舞台監督の父・哲家(てつや、68)氏が演出するコンサートに初出演を果たす。

 1983年に始まり、今年35回目となる同イベントは、ベートーヴェンの「交響曲第9番」、通称「第九」を1万人が合唱するコンサートで、世界的指揮者の佐渡裕が総監督・指揮を務める。合唱団は一般人から参加者を募り、各地でのレッスンを経て本番に挑む。毎年12月の第1日曜日に行い、今では年末に欠かせない行事の一つ。2013年から始まった “詩の朗読”では、第4楽章で合唱されるシラーの詩「歓喜に寄せて」を翻訳した「よろこびのうた」を朗読ゲストが1万人の前で読み上げ、これまで仲間由紀恵、井川遙、栗山千明佐々木蔵之介が朗読を務めてきた。

 今年の朗読を担当する旬と演出の哲家氏が、同じ舞台で仕事をするのは今回が初。旬は「自分と同じ月日を生きてきている公演に、参加させていただけることに運命的なことを感じています。35回目の公演に少しでも花を添えられるように頑張りたいと思います」と意気込み。一方の哲家氏は「ビックリしています。どのような顔をして打ち合わせしていいのか。気恥ずかしくて、は、は、はです。しかしながら、少し心配です」と息子との“初共演”に照れをのぞかせた。

 公演は12月3日に大阪城ホールで開催。コンサートの模様は同23日、午後2時からMBS・TBS・CBC・HBC・RKBの5局ネットで放送される。



オリコントピックス