• ホーム
  • 芸能
  • 把瑠都、初舞台でも堂々「緊張はない」主演・加藤シゲアキも驚き

把瑠都、初舞台でも堂々「緊張はない」主演・加藤シゲアキも驚き

 元大相撲・大関の把瑠都が9月30日、東京グローブ座で行われたNEWS加藤シゲアキ主演舞台『グリーンマイル』公開ゲネプロと囲み取材に出席した。引退後、格闘家やタレントとして活躍してきた把瑠都が今回、初舞台に挑戦。「お客さんの前で自分の姿を見せなきゃいけないから、大相撲で慣れていたけど若干違う」と戸惑いつつも、加藤が「でも緊張しないって」と驚くと、「緊張はしないです。とにかく自分の言うことを忘れないように“頑張ると”です」とチャーミングに意気込んだ。

【写真】その他の写真を見る


 1996年に発表され、1999年には映画も大ヒットしたスティーブン・キングの名作を世界で初めて舞台化。30年代のアメリカ、死刑囚が収監される刑務所を舞台に、看守主任のポールと、双子の少女を虐殺した罪で送られてきたジョン・コーフィとの心の交流を描く。加藤は発表された当初は「友達から『シゲ・ハンクス』と呼ばれていた」と映画版主演のトム・ハンクスにかけて笑いを誘った。

 そして加藤いわく「まさかの斜め上を行くキャスティング」として抜てきされた把瑠都は「お相撲さんだったり芸能活動もやったり、いろんなことをやるなかで舞台って初めてやることでワクワク感がある」と大物ぶりを発揮。共演の小野寺昭は「土俵で四方八方から観られるので緊張はしないだろうし、日常会話ではないセリフに苦労はなさっているけど、それが独特の味になっている。この役は把瑠都さんしかない」と太鼓判を押した。

 男性キャストのみの稽古は和気あいあいとした雰囲気だそうで、加藤は「把瑠都さんはたくましく強い、なんとなく怖いかと思っていたけど、実際に会ったらすごく優しくて、なんならかわいいい」と印象を明かすと、把瑠都は「加藤さんは一生懸命、セリフいっこいっこを細かく教えてくれる」と感謝を込めていた。



関連写真

  • 『グリーンマイル』で舞台に初挑戦する把瑠都 (C)ORICON NewS inc.
  • 『グリーンマイル』公開ゲネプロに参加した(左から)把瑠都、小野寺昭 (C)ORICON NewS inc.
  • 『グリーンマイル』公開ゲネプロに参加した小野寺昭 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス