• ホーム
  • 芸能
  • 自転車転倒事故の滝川英治、脊髄損傷で治療に専念 10月の舞台は降板

自転車転倒事故の滝川英治、脊髄損傷で治療に専念 10月の舞台は降板

 BSスカパー!のドラマ『弱虫ペダルSeason2』撮影中に自転車で転倒した俳優・滝川英治(38)が、脊髄損傷と診断されたことが明らかになった。所属事務所が18日、公式サイトで公表した。

 同サイトによると、滝川は15日、自転車転倒事故後、ドクターヘリで現場から搬送され、すぐに手術を受けたが、脊髄損傷と診断された。現在も病院で治療中といい、所属事務所の代表取締役は「一日も早く皆様の前に元気な姿で戻れるよう、しばらくの間、治療に専念させていただければと思います」とつづった。

 なお、ドラマは滝川本人と家族の意思を確認・尊重したうえで予定どおり放送を行う。10月に上演の舞台『Live Musical 「SHOW BY ROCK!!」-深淵のCrossAmbivalence-』は降板する。

 今後は回復の状態をみてリハビリに移行するとし、「変わらぬ皆様からのご支援を頂ければ、本人の励みにもなると思います。わがままなお願いですが、引き続き滝川英治を応援いただけましたら幸いです」と呼びかけている。



オリコントピックス