• ホーム
  • 芸能
  • SKE竹内彩姫、初出演舞台で膝枕シーンに大照れ「初めての体験過ぎて恥ずかしい」

SKE竹内彩姫、初出演舞台で膝枕シーンに大照れ「初めての体験過ぎて恥ずかしい」

 SKE48竹内彩姫が8月31日、東京・東池袋のあうるすぽっとで舞台『オサエロ』公開ゲネプロと囲み取材に参加。献身的に特攻隊の世話をする少女の役を熱演した竹内は、劇中で人生初という膝枕をするシーンがあり「初めての体験過ぎて恥ずかしい」と赤面した。

【写真】その他の写真を見る


 特攻隊の世話係をしている少女・昭代を演じているため、上はセーラー服で下はモンペ姿という衣装で登場した竹内は「動きやすいですね」と感想。ファンやスタッフを除けば男子との接点がほぼないため「久しぶりで怖かったんですけど、場を和ませてくれる共演者さんばっかりで助かりました」と笑顔を見せた。

 お互い好意を寄せ合う特攻隊員の膝枕をしているシーンについて「人生初です。初めての体験過ぎて恥ずかしかった。今でも恥ずかしいですね」と照れたが、「昭代ちゃんと相手は初々しいところもある。常に恥ずかしさは取れないので、それが逆にいいかな」と前向きに捉えていた。

 主演の清水一輝は竹内の演技を絶賛。けいこ初日は緊張などにより、声の出ない竹内に不安を感じていたというが「2〜3日で対応して、さすがだなって思った。十二分に合格だと思います。すごいと思います」とべた褒めした。「やったー」とかわいく喜んだ竹内は、今後の女優活動に「機会があれば。SKEでは見せない顔の舞台をやってみたい。アクションとか」とイメージを膨らませた。

 物語は戦争末期の特攻隊の話が中心。竹内は現在高校3年生の17歳で、祖父母も戦争を経験していない世代だが、中学時代に所属していたボランティア部で老人ホームの手伝いをしていた際に戦争経験を聞いたという。「いろんなお話を聞かせてもらいました。『親友が亡くなって、その分まで生きているんだよ』とか。忘れちゃいけないことだなと思いますね」と静かに語り「これからも、この作品を私たちは伝えていきたいなって思う。大切な人を思う気持ちは今も昔も変わらない」と力を込めた。

 『オサエロ』は同劇場で、きょう31日から9月4日まで上演される。脚本・演出の藤森一朗氏も同席した。



関連写真

  • 初出演舞台で膝枕シーンに照れていたSKE48・竹内彩姫 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)脚本・演出の藤森一朗氏、SKE48・竹内彩姫、清水一輝 (C)ORICON NewS inc.
  • セーラー服×モンペ姿で登場したSKE48・竹内彩姫 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『オサエロ』公開ゲネプロと囲み取材に参加した(左から)脚本・演出の藤森一朗氏、SKE48・竹内彩姫、清水一輝 (C)ORICON NewS inc.