アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 玉木宏「非常にデリケートで難役」 映画『悪と仮面のルール』で主演

玉木宏「非常にデリケートで難役」 映画『悪と仮面のルール』で主演

 俳優の玉木宏(37)が、日本国内のみならず、アメリカをはじめとした海外でも注目を集める作家・中村文則氏の傑作を映画化した『悪と仮面のルール』(2018年全国公開)で主演を務めることが22日、わかった。

 同作は、歪んだ目的のためだけにつくりだされたことを知り、自身の存在意義を見失っていた主人公・文宏(玉木)が、ひとりの女性と出会い、彼女を守ることで罪を犯す。文宏の行動は間違いなのか? ほかの生き方があったのか? サスペンスと純粋な愛の交差を描く。

 「悪」を秘め、それと戦う主人公の表現と向き合った玉木は「非常にデリケートで難役」と振り返りつつも「特異な作品だからこそ、『善悪』『真の愛』『家族』『友人』の事を、改めて見つめ直すきっかけになるのではないかと思います」とコメント。原作の中村氏は「素晴らしい役者の方々に演じていただけて光栄です」と感謝し「現場にお邪魔して、とても面白くなると肌で感じました。大変楽しみにしています」と期待を寄せている。



オリコントピックス