アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • GACKT、14年ぶり映画主演は「恩返し」 故郷・沖縄が舞台

GACKT、14年ぶり映画主演は「恩返し」 故郷・沖縄が舞台

 歌手のGACKTが23日、沖縄で開催中の『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』で行われた映画『カーラヌカン』の舞台あいさつに出席。故郷・沖縄の大自然を舞台にした同作に主演したGACKTは「沖縄に何か貢献したい、恩返ししたいっていう気持ちがあった」と思い入れを語った。

【写真】その他の写真を見る


GACKTが映画主演を務めるのは、『MOON CHILD』(2003年)以来、14年ぶり。世界を舞台に活躍する写真家を演じ、沖縄の地で一人の美少女と出会う。新体操で団体国体優勝経験のある木村涼香がヒロインに抜てきされ、映画初出演を果たした。

 木村が「GACKTさんはすごく優しい」と共演した感想を伝えると、GACKTは「僕は見た目はこんな感じですが、意外と壁がない。彼女ともすぐ仲良くなれたと思います」と笑顔。撮影は「ずっと大きい声を出さないキャラクターだったので、演じていると性格が暗くなるし、陰湿な自分になっていく。監督から、言葉は大きく発しないけれど、情熱をもっと表現しようって言われたり、せりふのトーンが低いのでなかなか難しかった」と振り返った。

 舞台あいさつにはそのほか、木村祐一、浜野安宏監督が出席した。



関連写真

  • 『カーラヌカン』舞台あいさつに出席したGACKT (C)ORICON NewS inc.
  • 『カーラヌカン』舞台あいさつに出席した木村涼香 (C)ORICON NewS inc.
  • 『カーラヌカン』舞台あいさつに出席した(左から)浜野安宏監督、木村涼香、GACKT、木村祐一 (C)ORICON NewS inc.
  • 『カーラヌカン』舞台あいさつに出席したGACKT (C)ORICON NewS inc.
  • 『カーラヌカン』舞台あいさつに出席した浜野安宏監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス