• ホーム
  • 芸能
  • 『コナン』『YAIBA』青山剛昌氏、コミック累計発行部数が全世界で2億冊突破

『コナン』『YAIBA』青山剛昌氏、コミック累計発行部数が全世界で2億冊突破

 『名探偵コナン』などの作者・青山剛昌氏のコミック累計発行部数が2億冊を突破したことが18日、わかった。同作を連載する『週刊少年サンデー』を出版する小学館が発表した。

劇場版『名探偵コナン』公開2日で興収12億円 歴代最高記録更新 (17年04月17日)


 青山氏は1987年に『まじっく快斗』でデビュー。『コナン』のほか『YAIBA』『4番サード』などのヒット作を多数生み出してきた。今年で画業30周年となり、デビューから一貫して『少年サンデー』や『サンデーS』など「サンデー」ブランドで連載を続けている。

 96年にテレビアニメ化された『コナン』は、翌97年から劇場版も公開され、15日に公開されたシリーズ21作目『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』は、土日2日間で観客動員98万7568人、興行収入12億8692万8000円をあげ、前作を上回るシリーズ歴代最高記録を更新。歴史を重ねるほどに人気が高まっている。

 劇場版のヒットと比例するように、原作コミックスも全世界的に増刷中。このブームから第1巻の重版ペースも上がっており、『コナン』ブームはさらに加熱している。

 26日発売の『少年サンデー』22・23合併号から、デビュー作『まじっく快斗』の集中連載が決定。前回から約3年ぶりの本誌掲載で、30周年&2億冊突破の節目を飾る。



関連写真

  • 青山剛昌氏のコミックスが全世界累計2億冊突破(小学館)
  • デビュー作『まじっく快斗』(小学館)
  • 『少年サンテ?ー』21号表紙(小学館)

オリコントピックス