• ホーム
  • 芸能
  • 水樹奈々、キャロル・キング役でミュージカル初挑戦 お気に入りは「エロい曲」

水樹奈々、キャロル・キング役でミュージカル初挑戦 お気に入りは「エロい曲」

 声優で歌手の水樹奈々が12日、都内で主演ミュージカル『ビューティフル』製作発表会見に出席。同作は「ユーヴ・ガッタ・フレンド」「ナチュラル・ウーマン」などで知られるアメリカのシンガーソングライター、キャロル・キングの半生を名曲と共に描き、2013年のブロードウェーでの初演以来ロングランを続けているミュージカル。

 水樹は「ミュージカルは初挑戦でとても緊張していますが、デビュー20周年の節目でこのような挑戦ができることがとても幸せです」とあいさつ。偶然にも以前ニューヨーク旅行をした際に、友人から薦められて同作を観ていたそうで、「曲や歌が素晴らしかったのはもちろんですが、キャロルの生き方が心に刺さって引き込まれましたね。思い込んだら一直線なところは自分に似ていると思います」と語った。

 キャロルの曲で好きな曲を聞かれると「イッツ・トゥー・レイト」を挙げ、「あのアレンジがもう…。地を這うようなベースラインを聞くと、グワっと鳥肌が立ちますね」と身ぶり手ぶりをまじえて熱弁。共演の武田真治から「(ジェスチャーが)なんかエロい」とつっこまれると、水樹は「エロい曲が好きなんです」と返し、笑わせた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス