• ホーム
  • 音楽
  • 高橋克典、約50年経ってクラシックに回帰「拒否反応が出て…」

高橋克典、約50年経ってクラシックに回帰「拒否反応が出て…」

 俳優の高橋克典(52)が4日、都内で行われたNHK・Eテレ『ららら♪クラシック』(毎週金曜 後9:30※7日スタート)取材会に新MCとして出席した。音楽家の両親を持ち、幼少期からクラシックに親しんでいたという高橋だが「思春期の頃に親に反抗してから、親たちのクラシックへの特別意識にものすごく拒否反応が出て、ロックが好きになった」と苦笑い。「50年かかって自分も成長すると、クラシックというジャンルに興味をそそられるようになった」と改めて“回帰”したことを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 今ではすっかりクラシックに興味津々の高橋は「なぜにこんなに長いのか、ステレオオタクなので時々聴こえなくなるんですが、ピアニッシモでずっと続いていたり、いろんなストーリーがあって50年の稚拙な人生を振り返っても『そういうことなのかと』気づくことがちょいちょいあった」とその魅力を熱弁した。

 今回、「『こんな僕でいいんですか』とプロデューサーにお聞きした」とMC起用に驚きながら、母の反応を聞かれると「番組をやることは親との何十年経った対話でもあるので、母はものすごく楽しみにしてくれてます」とうれしそうに明かした。

 4月よりリニューアルした同番組では、自身もピアノとトランペットに親しんだ高橋と牛田茉友アナウンサーが司会者となって、ゲストとのトークを交えながら名曲の“秘密”に迫っていく。「改めてこの番組を通して勉強していきたい。すごいと思える曲やプレイヤーに出会えているので、予想以上に面白くてこれからがすごく楽しみです」と期待に胸をふくらませていた。



関連写真

  • 約50年かけてクラシックに“回帰”したことを明かした高橋克典 (C)ORICON NewS inc.
  • 新MCとして出席した(左から)牛田茉友アナウンサー、高橋克典 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK・Eテレ『ららら♪クラシック』に取材会に新MCとして出席した牛田茉友アナウンサー (C)ORICON NewS inc.
  • NHK・Eテレ『ららら♪クラシック』に取材会に新MCとして出席した(左から)牛田茉友アナウンサー、高橋克典 (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス