• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 松本人志の『ドキュメンタル』シーズン2、参加者10人発表

松本人志の『ドキュメンタル』シーズン2、参加者10人発表

 ダウンタウン松本人志によるバラエティー・シリーズ『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』のシーズン2が、4月26日より日本のAmazonプライム会員向け配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」で独占配信される。新シーズンで、賞金1000万円を目指して競うお笑いバトルの参加芸人10人が発表された。

【写真】その他の写真を見る


 同シリーズは、個性豊かな10人の芸人たちが、自身のプライドを賭け、賞金1000万円を競う “密室笑わせ合いサバイバル”。タイトルの「ドキュメンタル」とは、松本により、ドキュメンタリーとメンタルを合わせて創られた言葉。参加者10名、参加費1人100万円、制限時間6時間、同じ部屋に集まった参加者同士が、あの手この手で「笑わせ合う」のがこのゲームの基本ルールで、笑ってしまい、レッドカードが出たら即退場となる。笑いを仕掛け、笑いに耐え、この激しい攻防をくぐり抜け、最後まで残った1人が賞金1000万円を獲得する。

 シーズン2の参加者は、シーズン1に続いての参加となる宮川大輔藤本敏史FUJIWARA)、ジミー大西の3人と、初参戦となる日村勇紀バナナマン)、児嶋一哉アンジャッシュ)、小峠英二バイきんぐ)、大島美幸森三中)、津田篤宏(ダイアン)、吉村崇平成ノブシコブシ)、斉藤慎二ジャングルポケット)の7人。シーズン2も個性豊かな芸人たちが、本気の笑いのバトルを繰り広げる。

 Amazonプライム・ビデオ・コンテンツ事業本部長兼アジア・パシフィック リージョナルヘッドのジェームズ・ファレル氏は「シーズン1に続き、松本人志さんと一緒にこのような革命的なバラエティー番組を制作できたことを、とてもうれしく思っています。シーズン1の第1話、第2話は、日本におけるAmazonオリジナル作品の中で、最も多いストリーム数と最も長い視聴時間を記録しました。本シリーズは、絶え間ない笑いと独特の緊張感があり、これまでにないバラエティー番組に仕上がっています」とコメントを寄せている。

関連写真

  • Amazonオリジナル『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』シーズン2、参加芸人10人発表。4月26日配信開始
  • Amazonオリジナル『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』シーズン2に参加する宮川大輔
  • Amazonオリジナル『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』シーズン2に参加する藤本敏史(FUJIWARA)
  • Amazonオリジナル『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』シーズン2に参加するジミー大西
  • Amazonオリジナル『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』シーズン2に参加する日村勇紀(バナナマン)
  • Amazonオリジナル『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』シーズン2に参加する児嶋一哉(アンジャッシュ)
  • Amazonオリジナル『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』シーズン2に参加する小峠英二(バイきんぐ)
  • Amazonオリジナル『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』シーズン2に参加する大島美幸(森三中)
  • Amazonオリジナル『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』シーズン2に参加する津田篤宏(ダイアン)
  • Amazonオリジナル『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』シーズン2に参加する吉村崇(平成ノブシコブシ)
  • Amazonオリジナル『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』シーズン2に参加する斉藤慎二(ジャングルポケット)

オリコントピックス