アニメ&ゲーム カテゴリ

お笑いコンビ・とんねるず木梨憲武(55)が、人気漫画を実写化する『いぬやしき』(2018年公開)に主演することが17日、わかった。映画主演は、『竜馬の妻とその夫と愛人』(02年)以来、16年ぶり。謎の事故に巻き込まれ、身体がサイボーグになった冴えない初老のサラリーマンを演じ、同じ能力を持った大量殺人鬼の高校生と対決する。 原作は『GANTZ』で知られる奥浩哉氏(49)の同名人気漫画。実写映画『GANTZ』でもメガホンをとった佐藤信介氏が同作でも監督を務め、これまで以上の緻密なCGを作り上げるべく、撮影前にキャストと海外に赴き、世界に数台しかない機器を使用して全身スキャニングを実施。最新の技術を駆使し、万全の態勢で撮影に臨んでいる。

この記事の画像

  • 映画『いぬやしき』に主演する木梨憲武(左)。佐藤健は初の悪役を演じる (C)2018「いぬやしき」製作委員会
  • 『いぬやしき』人物相関図 (C)2018「いぬやしき」製作委員会

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

 を検索