アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 長谷川博己、TBS日曜劇場に初主演 警察組織の闘いで岡田将生と対峙

長谷川博己、TBS日曜劇場に初主演 警察組織の闘いで岡田将生と対峙

 俳優の長谷川博己が、『天皇の料理番』や『下町ロケット』ヒットドラマを多数生み出したTBS系「日曜劇場」で4月スタートの『小さな巨人』(毎週日曜 後9:00)に主演することが26日、わかった。長谷川が同枠の主演を務めるのは初めて。警視庁で捜査一課長を目指していたが挫折を味わった刑事が、警察という巨大な組織のなかで己の正義を信じて奮闘する姿を描くオリジナル作品。共演には俳優の岡田将生安田顕春風亭昇太らが決定した。

 長谷川演じる主人公・香坂真一郎は、警視庁の精鋭集団である捜査一課の有能な刑事。将来はノンキャリ最高峰のポジションと言われる“捜査一課長”になること間違いなしと呼ばれ、それに目指して邁進していた。しかしある取り調べの際にミスを犯して、所轄へ左遷。出世街道から外されてやってきた所轄で、小さな事件でも不器用ながら己の正義を信じ事件に挑む同僚たちと出会う…。

 そんな香坂とは反対に、キャリアといわれる警察庁に入庁することが多い東京大学の出身でありながら、警視庁で捜査一課長を目指す刑事・山田春彦に岡田が起用。警視庁を選んだ理由は、現場の総指揮官である捜査一課長となって、ある“未解決事件”の捜査の指揮を執ることだった。これまで香坂の部下だった山田だが、香坂の左遷後は本庁対所轄として対峙することとなる。

 異動先の所轄で香坂と同僚になる叩き上げの刑事・渡辺久志に安田、香坂をかわいがっていた前捜査一課長の三笠洋平に昇太のほかに、駿河太郎手塚とおる、舞台界の大御所俳優・木場勝己の出演も発表された。

 本作は、警察内部での争いやそれによって妨げられる捜査など、警察が抱える問題を克明にあぶりだす。長谷川は「事件ものの刑事ドラマの枠にとらわれることなく観る方々それぞれの心に何かを残す普遍的な作品になると思います。数々のヒット作品を送り出したスタッフの皆さんと様々なジャンルの出演者がどのような科学変化を起こすか、私自身も楽しみでなりません」と期待に胸をふくらませる。

 また、同局ドラマに初出演となる岡田は、自身の役柄を「誰かを蹴落としてでも上に登り続けることしか頭にない、向上心の塊みたいな人間です。冷静かつ、寡黙なその顔が表の顔なのか裏の顔なのか、キャラクターを含め物語がすごく気になります」と紹介。「今まで演じたことがない役なのでとても楽しみですし、この役と共に長谷川さんに真正面から衝突していきたいと思っております」とやる気をにじませている。

 そのほか、香坂の刑事人生を大きく帰る捜査一課長・小野田義信には超大物俳優、ヒロインの新人職員・三島祐里には注目の若手女優の起用も予告されている。



オリコントピックス