• ホーム
  • 芸能
  • 新人賞受賞作が本誌連載へ 『サンデー』で“大型新人”がデビュー

新人賞受賞作が本誌連載へ 『サンデー』で“大型新人”がデビュー

 きょう19日発売の『週刊少年サンデー』(小学館)より、新人作家・三ツ橋快人氏の漫画『RYOKO』の連載がスタートした。同作は『新世代サンデー賞』大賞を受賞しており、受賞作がそのまま本誌連載となるのは異例のこととなる。

史村翔&池上遼一が新連載 『サンクチュアリ』完結から約20年 (16年10月14日)


 漫画家デビューの多くは、通常編集部への持ち込み、新人賞受賞、読み切り作品の掲載を経て、本誌連載となる。受賞作がそのまま連載となるのは、『週刊少年サンデー』史上では、『帯をギュッとね!』(河合克敏氏)、『うしおととら』(藤田和日郎氏)以来。

 連載に抜てきした、同誌の市原武法編集長は「今回の新連載『RYOKO』は、今すぐに読者の皆様に届けるべき作品だと強く感じたのです。そこには常識や先入観、過去の成功の方程式などは必要ありませんでした」とコメント。「少年サンデーは今、次々と若き才能たちが躍動し始めてくれています。そして今後も若き才能の大抜てきを続けていきます」と話している。



関連写真

  • 『週刊少年サンデー』47号の表紙=小学館提供
  • 三ツ橋快人氏の新連載『RYOKO』予告カット (C)三ツ橋快人/小学館
  • 新連載『RYOKO』47号表紙用カット (C)三ツ橋快人/小学館
タグ

オリコントピックス