ベッキーを起用した宝島社の広告「あたらしい服を、さがそう。」 (1/9枚)

ベッキーを起用した宝島社の広告「あたらしい服を、さがそう。」 宝島社の企業広告「死ぬときぐらい好きにさせてよ」2016年1月 宝島社の企業広告「古き者よ、去れ。新しい市場よ、湧きあがれ。~アベノミクスより、今や、タカラノミクス。“売れない時代の、売れてる雑誌たち”宝島社の経済効果はすごい。~」2016年7月 宝島社の企業広告「ヒトは、本を読まねばサルである。」2012年09月 宝島社の企業広告「君よ、散財にためらうなかれ。君の十銭で淺草が建つ。」2012年 宝島社の企業広告「いい国作ろう、何度でも」2011年8月 宝島社の企業広告「日本の犬と、アメリカの犬は、会話できるのか。」2010年9月 宝島社の企業広告「生年月日を捨てましょう。」2003年 宝島社の企業広告「国会議事堂は、解体。」2002年
ベッキー“裸一貫”の覚悟 宝島社の新聞広告に登場