• ホーム
  • 芸能
  • 本田望結、今年の目標はメンタルを強くしてフィギュア新技に挑戦

本田望結、今年の目標はメンタルを強くしてフィギュア新技に挑戦

 昨年は映画『母と暮らせば』『ポプラの秋』に出演するなど女優として活動しながら、全日本フィギュアスケートでの予選通過とスケート選手としても実績を残した本田望結。11歳にしてまばゆいばかりの輝きを放つ本田が、だれもを明るくする笑顔で昨年を振り返り、新年への想いを語ってくれた。

 昨年うれしかったことは、『ポプラの秋』で映画初主演をしたことです。1年を振り返っても、悔しくて泣いたこととかはなかったんですけど、全日本フィギュアスケートで予選を通過したときは、すごくうれしくていっぱい泣きました。

 お仕事以外でハマっていたのはお料理です。とくに得意な料理は卵焼き! やり残したことは、まだ自転車に乗れないことです。今年の挑戦したいことなんです。自転車に乗れるようになるようにがんばります! お正月は、毎年お姉ちゃんと卵焼きを作って、どっちがおいしいか対決しています。今年も勝てたらいいなと思います。

 今年、お仕事では明るい役に挑戦してみたいです。自分のステップアップの目標は、フィギュアスケートでダブルアクセル・トリプルループを曲に入れることです。昨年はドキドキしてしまうことが多かったので、今年はメンタルを強くしてがんばっていきたいです!

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス