アニメ&ゲーム カテゴリ

タレントの三船美佳(33)が4日、都内で行われたポップカルチャーの祭典『Tokyo Comic Con2016』(以下、TCC)記者発表会に出席。18日に全世界公開となる『スター・ウォーズ』最新シリーズを心待ちにしているという三船は、父で映画スターの三船敏郎にかつて同シリーズの出演オファーが来ていたことを振り返った。 日本の黒澤明監督の作品に強い影響を受けたという同シリーズのジョージ・ルーカス監督から、三船に最初に届いたオファーは、ジェダイの騎士・オビ=ワン・ケノービ役だったいう。「でもうちの父はサムライ魂がすごく強くて。当時は今のようにテクノロジーが発達していなかったので、不可能ではないかと。日本の武士道をコミカルに描くのは、自分はどうなんだろうと悩んだ」と回顧。それを聞いたルーカス監督は「じゃあ顔を隠してみたらどうだろう、ダース・ベイダーという役はどうだろう」と提案してきた、と明かした。

この記事の画像

  • 父・三船敏郎に『スター・ウォーズ』出演オファーがあったことを振り返った三船美佳 (C)ORICON NewS inc.
  • 艶やかな着物姿の三船 (C)ORICON NewS inc.
  • 『スター・ウォーズ』俳優のイアン・マクダーミド、レイ・パークも登場 (C)ORICON NewS inc.
  • ポップカルチャーの祭典『Tokyo Comic Con2016』記者発表会に出席した人気コスプレイヤー・御伽ねこむ (C)ORICON NewS inc.
  • ポップカルチャーの祭典『Tokyo Comic Con2016』記者発表会に出席したイアン・マクダーミド (C)ORICON NewS inc.
  • ポップカルチャーの祭典『Tokyo Comic Con2016』記者発表会に出席したレイ・パーク (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索