サカナ山口ら会見 ライブ会場『2016年問題』 時期の調整、代替施設確保訴える

首都圏のライブ会場が不足する「2016年問題」について、日本芸能実演家団体協議会会長で能楽師(人間国宝)の野村萬氏、サカナクションの山口一郎、JAM Projectの影山ヒロノブらが5日、東京・芸能花伝舎で記者会見を開き、問題提起を行った。

「劇場・ホール2016年問題」とは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、首都圏の大型施...

この記事の画像

  • 「劇場・ホール2016年問題」の記者会見に出席した(左から)野村萬、サカナクションの山口一郎、斎藤友佳理、川瀬順輔、JAM Projectの影山ヒロノブ (C)ORICON NewS inc.
  • 首都圏ライブ会場の主な改修・建て替え (C)ORICON NewS inc.
  • サカナクションの山口一郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 「劇場・ホール2016年問題」の記者会見に出席したJAM Projectの影山ヒロノブ (C)ORICON NewS inc.
  • 「劇場・ホール2016年問題」の記者会見に出席した(左から)野村萬、サカナクションの山口一郎、斎藤友佳理、川瀬順輔、JAM Projectの影山ヒロノブ (C)ORICON NewS inc.
  • 「劇場・ホール2016年問題」の記者会見に出席した(左から)野村萬、サカナクションの山口一郎、斎藤友佳理、川瀬順輔、JAM Projectの影山ヒロノブ (C)ORICON NewS inc.
  • 「劇場・ホール2016年問題」の記者会見に出席したバレエダンサー・東京バレエ団芸術監督の斎藤友佳理氏(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる