• ホーム
  • 音楽
  • AKBたかみな、“デビュー曲以来”約10年ぶり単独センター ファン祝福に感涙

AKBたかみな、“デビュー曲以来”約10年ぶり単独センター ファン祝福に感涙

 AKB48が25日、パシフィコ横浜で開催中の握手会イベントで、通算42枚目のシングル(タイトル未定)のセンターを高橋みなみが務めることを発表した。結成10周年記念日翌日の12月9日に発売される本作は、10周年をメドに卒業を発表している高橋にとってラストシングル。単独でセンターを務めるのは、インディーズデビュー曲「桜の花びらたち」(06年2月発売)以来、約10年ぶり。06年10月のメジャーデビュー後は初となる。

【写真】その他の写真を見る


 センターを務めることが発表され、場内のファンから「おめでとう!」と祝福の声が飛び交うと、高橋は感極まって涙をぬぐった。

 高橋は「今回ラストシングルでセンターを務めさせていただくことになりました。単独センターはインディーズの『桜の花びらたち』以来になります」と報告。「楽曲はAKB48王道アイドル曲! 最後の最後にアイドル曲をやらせていただけることもうれしいです。卒業する私からみんなへのメッセージソングではないので、私が卒業した後もたくさんのメンバーに歌ってもらい、ファンの方たちにも愛される楽曲になればうれしいなと思います!」とコメントした。

 表題曲の選抜メンバーは高橋のほか、入山杏奈柏木由紀加藤玲奈木崎ゆりあ北原里英小嶋陽菜指原莉乃島崎遥香松井珠理奈峯岸みなみ宮澤佐江宮脇咲良山本彩横山由依渡辺麻友の計16人。

 カップリングには、NHK連続テレビ小説『あさが来た』の主題歌として流れている山本彩(NMB48兼AKB48)センター曲「365日の紙飛行機」などが収録される。



関連写真

  • AKB48ラストシングルでセンターを務める高橋みなみは感極まって涙(C)AKS
  • ファンからの祝福に涙する高橋みなみ(C)AKS
  • ファンからの祝福に涙する高橋みなみ(C)AKS
  • AKB48新曲は卒業を控える高橋みなみ(左手前)がセンター

オリコントピックス